入間基地航空祭を観に行ってきました。

コロナでイベントも軒並み中止、サバゲも思うようにできません。
なのでビフォアコロナ、ちょっと前のイベントレポート、数年前の11月の話です。

私はサバゲ仲間の友人らと一緒に埼玉県狭山市の入間基地航空祭に行ってまいりました。
自衛隊ファンやミリタリーマニアの間では有名なイベントで、早朝から若い人から年配の方まで大勢の人が集結していました。
無料とうのも魅力の一つなのではないでしょうか?

思った以上に規模も大きくて驚きを隠せません。天気も非常に多く快晴でした。
航空祭が始まりT-4やU-4の鮮やかなフライトから始まり、周りからの歓声が沸き起こりました。
その後、警備犬の訓練等タイムスケジュール通りに進みます。

航空自衛隊やアメリカ空軍等の飛行機も展示してあり、C-12やUH-1等、見ているだけでも飽きなかったです。
C-1が歌舞伎のペインティングをしていて素敵でした。
整備する担当の方の顔が、歌舞伎の隈取をしていてびっくり、C-1も迷彩ではなく歌舞伎の赤の色が凄く際立っていました。

昼からいよいよ、ブルーインパルスのショーが始まります。
乱れぬ隊列、音も迫力があり全身が震える。
青空で快晴。アクロバット飛行で一機が描いたハートマークがとても綺麗でした。

素晴らしい航空祭で感動しました。またいつの日か機会があれば行ってみたいと思います!

※アイキャッチはイメージです。

最新情報をチェックしよう!