竪穴式住居な縄文カフェ!

テーマパーク・戦遺・B級スポット

まるで縄文時代にタイムスリップした気分。

大阪府茨木市の自然豊かな山間部に位置する隠れキリシタンの里に、縄文時代の竪穴式住居を再現したカフェ「まだま村」があります。
縄文時代の竪穴式住居カフェですよ?

存在感ありすぎで珍しいと思うんですが、あまり知られてないのはアクセスの不便さなのかも知れません。

ほんとに竹林の中。そこにひっそりと佇む大きなよしぶき屋根の建物は見るからにステキ。
そしてそのカフェは道路からは見えなくて、建物の立つ敷地へ坂を降りて行くと突如その姿を現わす仕組みです!

はい。その時点でテンションMAX。興奮しかありませんね(笑)

まずはその外観、竪穴式住居にしばし釘付けになりつつ撮影タイム。

そしていよいよ入店です。
玄関を開け地面から数段の階段を下りて店内に入ると、まるで昔話に出てくる農家のような大部屋が広がります。
囲炉裏端や木のテーブルが置かれた店内の様子はまんま農家!!とてもレストランの雰囲気ではありません。

店内は暗めの照明、外からの光も差し込んでいて雰囲気もバッチリで、二階の屋根裏にも登れるんですよ。

食べ物は野菜中心なカラダに優しいヘルシーメニューです。

数に限りがあるランチ(縄文ランチ)は予約制ですが、カレー(縄文カレー)やケーキ(無添加の野菜や果物を使用)などのメニューは予約なしで頂けます。

まだま村名物の珍しいドリンク「ゆるむミルク」はクルミやピーナッツや松の実を挽いた香ばしい、なんとも心が緩むミルクで思わずホッコリしてしまいます。

そして実は意外と大きな建物だったりするんですよ。
180名ほど収容できるそうなのでイベントや様々な催し物が開催されたりしてます。

人里離れた緑豊かな山間部の隠れ家カフェで、ゆっくりまったりするのも良いもんですよ。
のんびり静かに過ごしたいときに最適なお店です。

ショップインフォ

まだま村

住所
〒568−0098 大阪府茨木市千提寺428
営業時間
木〜金 11:00〜 16:00(ラストオーダー15:30)
土日祝 11:00〜 17:00(ラストオーダー16:30)
定休日
毎週 月・火・水曜日(※ただし祝日の場合は営業)
臨時休業する場合もありますので公式サイトでご確認ください。
電話
072-649-3800


Writing by 春ネコ

合法的に行ける鉱山跡や廃墟を好みます。
離島も好き。カフェも好き