MENU

気弱な青年がヒーローに、現実は厳しい!「キック・アス」

  • URLをコピーしました!

今回は、2010年に公開されたヒーロー映画「キック・アス」を紹介したいと思います。

目次

あらすじ

物語は、主人公の少年デイヴ・リゼウスキを視点に始まっていきます。
彼はアメリカン・コミックスを愛し、スーパーヒーローに焦がれて憧れるギークなオタク少年でした。でも現実にはヒーローはおらず、悪がいるのに誰もヒーローになろうとしないのかと疑問をもったデイブは、本物のヒーローを目指していきます。

ネットで購入たスーツを着てヒーロー活動を開始していきますが、優れた格闘センスもなければ、脅威のスーパーパワーなどもない。普通でひ弱なオタクな彼が悪党を倒す事など出来ず、刺されて、トドメに車にはねられて病院送り。
現実はそんなにも甘くありませんでした。

でも彼の活躍に興味を持った、学校でもてはやされている美少女のケイティ。
これを機会に、前向きにヒーロー活動にせいを出していくデイブは、3人組の暴漢に襲われていた。ある男性を救い、その活躍は動画に撮影された彼は、ついにキック・アスと名乗るヒーローとなります。

ようやくに念願のヒーローになるけれど、デイヴはケイティが麻薬売人に脅かされている事を知り、キック・アスとして売人退治を行いますが、相手は組織化されていた多勢。キック・アスは絶体絶命のピンチに追い込まれてしまうが、彼の危機に駆け付けたのは、ヒーローコスチュームを身にまとうヒット・ガール。

ヒット・ガールの圧倒的な戦闘力と拳銃の腕前で、売人達をあっという間に殺害してしまいます。
それもそのはず、彼女は父ビッグ・ダディに鍛えられたヒーローだったのです。
本物を見てしまい、自分の弱さに打ちのめされてしまうキックアスことデイブ。

しょせんはごっこ遊びと、自分の事に打ちのめされていく彼でしたが、麻薬組織を壊滅させたこと。
それを彼の仕業だと勘違いをされて、事態は思わぬ方へと進んでいきます。

おすすめのポイント

筆者がお勧めしたいのは、ヒットガールのガンアクションにあります。
小さい体躯で、巨漢の相手の隙間をついて、的確に銃撃していくと、小さきものが大きなものを倒す、そんな圧倒的なシーンに注目。

出演:アーロン・ジョンソン, 出演:クロエ・グレース・モレッツ, 出演:クリストファー・ミンツ=プラッセ, 出演:マーク・ストロング, 監督:マシュー・ヴォーン

いば・よしあきと申します。
ヒーローに憧れていた時期がありますが、運動もダメで、戦闘力もないライターですが、宜しくお願い致します。

キック・アス (C) 2009 KA FILMS LP. ALL RIGHTS RESERVED.

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる