鬼才「タランティーノ」監督の代表作とも言える「キル・ビル」

今回紹介する作品は2003年に発表された映画、鬼才の監督「クエンティン・タランティーノ」の代表作とも言える「キル・ビル」を紹介したいと思います。
本作は日本映画に香港映画と台湾映画など、B級作品と言われている演出をふんだんに盛沢山にし、剣術あり、拳法ありと、実に美味しく上手く演出してくれた作品です。

あらすじ

ヒロインとなるベアトリクス・キドーは、かつてザ・ブライドと呼ばれる凄腕の殺し屋だったのですが、愛する男と恋をし、妊娠を機会に裏稼業から足を洗おうとしていました。
片田舎の教会で結婚式を挙げようと、リハーサルを行っていた最中、突然現れた所属していた組織の刺客の銃撃で、彼女を始め、婚約者である夫とその家族と参列者達は無残に殺されてしまいます。

瀕死の重傷を負ったベアトリクスに、かつて所属していた仲間達は、彼女を徹底的に嬲り、お腹に子どもを宿しているにも関わらず、妊娠している彼女を凄惨なリンチで痛めつけ、暴力の果てに彼女は昏睡状態へと追い込まれてしまます。

そして4年間の昏睡の中・・・彼女の子どもは奪われ、手にすべきだった幸せを壊されてしまいます。
世界最強の暗殺集団DiVASの総帥であり、殺し屋界の頂点に君臨する男であるビル。
彼に復讐する為に、彼女は行動を開始していきます・・・

東京の裏社会を仕切る女ボスであるオーレン・イシイに、自分の幸せを奪い、幸福な家庭を手に入れたヴァニータ・グリーンを最初の標的にし、宿敵となるビルを探し求めていく彼女は、はたして復讐を果たす事が出来るのでしょうか?

と、物語はこの様に進んでいきます。

みどころ

この作品では、日本のアニメーションに影響を受けたシーンもあり、オーレン・イシイの過去の回想シーンでは、アニメスタジオ「Production I.G」が参加しているなどの演出に加え、日本映画のアクション俳優 千葉真一が服部半蔵として登場するなど、実に見ごたえのある内容の作品となっています。

筆者がお勧めしたいシーンは、オーレン・イシイの率いるクレイジー88との死闘シーン。
刀を片手に群がる敵を薙ぎ倒すと、千葉真一の指導を受けたヒロインを演じるユマ・サーマンの殺陣は、実に見ごたえのあるシーンとなっており、オーレン・イシイの「ヤッチマイナァ!」もクセになるシーンともなっています。

他にも、オーレン石井の女ボディガードのGOGO夕張の存在が一際目をひきます。女子校生の制服姿で分銅を使って追い詰めていくと、彼女の存在感もキル・ビルの魅力の一つとも言えます。

イバ・ヨシアキと申します。
接近戦は日本刀で戦うと、銃弾を切り裂き、特殊部隊をバッタバッタと薙ぎ倒す、そんなサムライに憧れていましたが、現在はただのライターな筆者ですが、宜しくお願い致します。
(C) 2003 キル・ビル MIRAMAX FILM CORP.ALL RIGHTS RESERVED.
最新情報をチェックしよう!