小松基地航空祭を観に行ってきた

コロナでイベントも軒並み中止、サバゲも思うようにできません。
なのでビフォアコロナ、ちょっと前のイベントレポート、数年前の9月中旬の話です。

9月の中旬、高速をつかって朝の5時になろうとした頃、ほぼ満杯の駐車場に到着。
ぞろぞろと基地に向かい歩いて行く大勢の人達がいました。

基地の方に入ると、あまりの大きさに驚いてしまいました。
アパートの様な建物もあり、一つの街がある雰囲気でスケールの大きさに言葉を失います。
スマホや携帯も通信障害や遅れがでるあまりの混雑ぶりとか。

オープニングフライトが始まると、あちこちから歓声が沸きます。晴れていた空にF15Jが飛び、音とスピードに感動でした。
その後、格納庫に行くと、アニメのガーリーエアフォースの映像や様々なイベントがありました。

他にも小松工業高校の吹奏楽部と、中部航空音楽隊の演奏を聞きました。
正確で心に響くハーモニーで感動。

屋台で食事を済まして、午後になるとブルーインパルスのショーのアナウンスがなりました。
でも午前中は晴れていたのに次第に曇ってきて、飛べるか不安でしたが何とかフライト可能。
その他航空自衛隊の様々な戦闘機も見れて眼福でした。岐阜基地のPAC3発射機は見れてレアでした。

あっと言う間に時間が過ぎていきましたが、小松基地の航空祭非常に楽しかったです。
コロナが終息したら、また観に行きたいです。

※画像はイメージです。

最新情報をチェックしよう!