ある意味日本より厳しい韓国の「空母」問題

韓国が事実上の航空母艦である新型艦艇を「大型輸送艦」と称しているのは苦肉の策であるようです。

日本の海上自衛隊は、憲法の定める攻撃艇兵器保有の禁止という観点から空母の導入は問題視されていましたが、近年圧力を高める中国海軍の脅威もあり、護衛艦「いずも」・「かが」の改修が決定し事実上の空母となることが確定しました。

こうした憲法上の制約ではなく、韓国が空母を空母と呼べないのは周辺国、とくに北朝鮮と中国をいたずらに刺激しないように配慮しているためだと考えられています。

■独島級揚陸艦
대한민국 국군 Republic of Korea Armed Forces [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons
このため韓国では艦載機をF-35Bステルス戦闘機とした新型艦艇を、空母ではなく大型輸送艦と呼称しているようです。
頻繁にミサイルを発射する国や、南シナ海に人工島を建設して実行支配を進めるような国に配慮しなければならない韓国は、ある意味日本よりも厳しい立場なのかも知れません。

しかしF-35Bステルス戦闘機を本当に導入して艦載機とした場合、その艦艇は空母以外の何者でもないと思われるのですが、輸送艦と称することでその非難を避けようとするというもの、自衛隊は軍隊でないという位おかしなロジックだと感じます。
只、そうした政治的背景を抜きにして、純粋に軍事的な観点から韓国が空母を保有する利点はどこにあるのかという疑問も生じます。

日本のような四方を海で囲まれた、広大な領海を持つ国と違い、韓国は大陸と地続きの陸上国です。
敢えて空母の様な水上艦艇を保有せずとも、F-35Aステルス戦闘機のような通常の飛行場で運用が可能な最新のステルス機を充実させた方が合理的ではないのかと思えます。

この辺り、そうは言うものの護衛艦「いずも」・「かが」の改修に触発されて、日本が持つなら我が国もというような短絡的な発想とも感じられます。

■ワスプ級強襲揚陸艦
U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Mark R. Alvarez [Public domain], via Wikimedia Commons
また韓国のこの大型輸送艦には、エアクッション型の上陸用舟艇が収納される形式だとも伝えられており、どちらかと言えばアメリカの強襲揚陸艦、例えば「ワスプ」級などに近い艦艇となるようです。

これも空母ではないと主張する為の根拠として用いられ、敢えて今後活用されることは少ないであろうこの機能を持たせるものと言われています。


S&W
S&W
元ガンマニアです。

※画像はイメージです。

最新情報をチェックしよう!