黒綿あめさんのフィールドレポート「九龍戦闘市街区」

サバゲ・イベント・フィールドレポート

九龍戦闘市街区へ行って参りました。

例に漏れず今回も車で来場させて頂きました。
ですが、このフィールドはアクセスがとても良く色々なアクセス方法が有りますので詳細を載せるより九龍戦闘市街区の上記WEBよりメニューから〝戦闘市街区に行く〟を見て頂けますと詳細がかなり分かり易く載っておりました。

九龍城をイメージしてると言う事なので入り口から怪しい雰囲気がプンプン漂って来てますね(褒め言葉)

重厚な扉の先にはソファーが色取りどり並べられているセーフティーエリア。
広々としてはいるのですがガンラックが見受けられませんでしたので自前にてお待ちするか何か対策を講じる必要があるかもしれませんね。

セーフティーエリアで上を向くと雰囲気抜群の装飾が施されておりました。
雰囲気作り◎ですね。

セーフティーエリアの壁には色々なサインが沢山ありました。
この中に黒綿あめのサインも入れて頂けるとの事で圧倒的感謝です。

受付&物販エリアです。
九龍ではエアガンの販売も行っておりますので開場時間内でしたら物販で立ち寄るのもアリです。

レンタルアイテムの豊富さも物販の強みあってこそのものかと思いました。

受付横にはレンジも給湯器も備品の設備はバッチリです。

トイレは男女が分かれている点はポイント高いですよね。
最近は女子サバゲーマーも増えましたし九龍の心遣いが感じられます。

こちらは女子更衣室なのですが別途で男子更衣室も有りました。
広いし綺麗だしトイレに続き九龍の心遣いが見受けられます。

通常ガスガンのウォーマーは食器乾燥機なのですが九龍では一味違いました。
なんとウォームランプを使って温めるのです。
そして、なんとこの水槽の中には・・・

イグアナが住んでました笑

シューティングレンジは30m程取られていて、しかもライトアップされているのでゼロインはとてもし易くなってます。
ただ、こちらはゲーム中の使用は禁止になってますのでお気を付け下さい。

九龍戦闘市街区はインドアフィールドなのですが3F建てになっているので3D戦闘が主になってます。
3Fは真ん中のヤグラがそうです。
ただ、ゲーム中に3Fまで上がるのは中々至難の技です。
猛者なら成功するかと思いますので是非とも試してみて下さい。

フィールド内も雰囲気抜群で板で出来たバリケード以外にも雰囲気を損ねない様に工夫が凝らされております。


屋内とは言え、そこはまるでフィールドと言うには勿体無いぐらい作り込みが本当に凄いです。
中国のスラム街を歩いてるかの様な錯覚すら起こしてしまうぐらいに人々の日常が現わされております。

ですが、そこはフィールドです。
きちんと射線が考え尽くされており板のバリケードも随所に散りばめられてます。
ただ、上手い事バリケードにもペイントが施されているので景観は損なう事無くフィールドとしての面白さが考えられてました。

ここまでが1F部分の外周です。
では1F部分の建屋もご覧頂こうと思います。

1F建屋内の天井には配線が張り巡らされていて、そこはまるでアンダーグラウンドな人達が住まう場所の様になっています。

建屋内には工事で使う格子状のバリケードもあるのですが、着目して頂きたいのは格子の後ろの壁にある血糊の手形です。
誰かがここで…
なんて想像を掻き立てられますね。

2Fへ上がる階段の手前には怪しい肉屋があります。
ただ、あるだけじゃなくて実はこのカウンター内部から別の場所に出る事も可能です。
どの様になっているかは見てからのお楽しみですね笑

怪しい肉屋の横には2Fへ上る階段があります。
では、上ってみましょう。

2Fは基本的にバリケードと扉で構成されたエリアになってます。
ただ、こちらは3Dフィールドと言うのを忘れちゃなりません。

2Fから1Fへ向かって、この様に射線がしっかり持たれており地の利を得易くはなりますが足音が響くので静かに早く歩ける人には素晴らしい射撃ポイントとなる事でしょう。

2Fは扉とバリケードで出来上がっているとだけ聞くとCQBが頭に浮かんで来ると思いますが、タイミング良く扉が開いた時の射線の長さはCQBとは言えない長距離射程が出来上がります。

真ん中の部分には居間らしき何かが設けられており、その横には・・・

怪しき部屋に繋がる扉も設けられております。

3Fに上がってみましょう。
何だか見るからに雰囲気が滲み出てますね笑

3Fともなると下界を見下ろすが如く高さを感じざる得ません。
3Fは秘密の祭壇のあるエリアとだけ覚えて頂ければ良いと思います。

商売繁盛の神様〝関羽〟です!!
ゲーム中であってもしっかりと手を合わせなければいけませんよ笑

それではセーフティーエリアに戻りましょう…

物凄く作り込みのされていて且つ景観を損なわない工夫に満ちた面白いフィールドでした。
闇戦やスモーク戦も行えつつ、撮影の為だけにも開放しているとの事ですので色々な使い方の出来る老舗なのに新しいフィールドでした。
写真を撮りながら歩いてみましたが随所にこだわりが伺えるフィールドであり、且つ通常のインドアとは違う雰囲気で戦えるフィールドだと思いました。
ただ、好き好みをより強くするフィールドかもしれません。
ピッタリとハマる方には垂涎のフィールドですね。

Club Actives Survival Game[C.A.S.]
通称:キャス
10月14日[日]
〝ユニット最強決定戦〟を九龍戦闘市街区の全面協力にて開催が決定致しました。
もし、気になる方は下記よりお願い致します。

Writing by  覆面のサバゲーマー・黒綿あめ

Twitter:黒綿あめ  / 洋風居酒屋L-96〝Elu-kuro〟
Instagram:@kurowataame
YouTube:黒綿あめCh
Facebook:黒綿あめ / 洋風居酒屋L-96〝Elu-kuro〟
食べログ:覆面サバゲーマー黒綿あめの経営する洋風居酒屋 L-96 (エルクロ)
ミリブロ:覆面サバイバルゲーマー・黒綿あめのサバゲ日記
アメブロ:黒綿あめプロフィール