出来る場所が無いなら自分で作るしかない!

サバゲを考える

サバゲーをやりたいが出来る場所がない・・・よし自分で作るしかない!

引っ越し

本州で仕事をしていた頃は仕事の合間にサバゲーの銃探し、メンバー集め、室内場所確保をして、そのまま仕事終わりにサバゲーをする日々がとても楽しく、生き甲斐にもなっていました。しかし地元の北海道に異動が決まり、家族一同引っ越すと全くサバイバルゲームフィールドがありません。

自然が豊かで何処でも出来そうな印象ですが、私は室内派のサバゲーマーであるとしても、最低でも札幌まで出向かないといけない。
遠すぎて片道3時間は、仕事持ち結婚子持ちにはキツすぎました。

小さい決意

ちょこちょこ小さく集まってやっているチームはあるのですが、この歳になって今さら新しく人間関係は結構厳しく、人見知りなので、余計入っていけない自分が不甲斐なく思います。
それならいっそ自分で作るしかない・・・という考えになり実行することに。

果たして本当に出来るのか不安ではありますが、取り敢えず本格的なガチな物はまだ無理なので、少しずつ改造して増やしていくことに。

初めて過ぎて

作ることは素人過ぎて何からやって良いのやら。
まずは良くしてくれている、お隣の農業用ハウスに目をつけて交渉してみることに。

何年も前から使ってなさそうで、パイプだけ残っている状態だったので、交渉して月2000円でとてもリーズナブルに借りられることに。そこにビニールを張るのですがこれがまた難儀で、ネットでやり方を調べて一人じゃ無理なので、人を集め何とか4人で元のビニールハウス完成。

ここまで苦労するとは、素人すぎて簡単に出来ると思い込んでいた自分が怖いです。

後は弾が飛んでいかないようにベニヤを買って張り付け、壁代わりコンクリートブロックを積み重ねてミリタリーっぽい色をハウスに塗りつけ、今年はここまでだなとそのまま中で焼肉をやってしまいました。

完全に完成まで何年かかるかわかりませんが、わかったことは農家さんの偉大さ、会場を作りは妥協すれば簡単に出来るかもしれませんがガチな物は予算も時間もかかる事です。

それでも自分達のフィールドを作るために頑張ります。


Writing by  かとし
しがないおっさんです。結婚して子供も居ますが友達がいない寂しい男です。
サバゲーが好きですが場所がなくて困っています。

※プライベートフィールドなので場所の公表やメンバーの募集の予定はございません。
※現状で個人特定は困るのとの事で写真はイメージの物を試用しています。