わずか40秒に一体何が…松岡伸矢君行方不明事件

子供というのはまったく予測がつかない生き物だ。ちょっと目を離したすきにいたずらをしたり、走っていなくなったりしてしまう。ある種子供というものの性なのだろう。

しかし、大人はそれに油断をしてはいけない。
ほんの少しの油断、それが大切なものが奪われていくきっかけになるかもしれないのだから。

目次

事件のプロローグ

平成元年3月7日午前8時頃、徳島県美馬郡貞光町(現・つるぎ町)を仲睦まじく歩く父子の姿があった。その中の1人の男の子が松岡伸矢君・4歳だ。
しっかり者のかしこい男の子で、自分の名前はもちろんのこと、年齢も家族の名前に加えて、数字や地名など難しくややこしい単語が入る自宅の住所や数字の羅列である電話番号までも言うことができたほどだという。

そんな伸矢君は普段、両親と姉、2歳の弟と共に一家5人、茨城県牛久市に住んでいた。
しかし、3月5日に母親の実母(伸矢君の祖母)が急死し、6日に一家は母親の実家がある徳島県小松島市を訪れ、葬儀に参列していた。葬儀の後、松岡家は車で1時間ほど行ったところにある貞光町にある母親の親戚宅を訪れ、この日は親戚宅に宿泊していたため、伸矢君はいつもと違う場所で7日の朝を迎えることとなる。

祖母が亡くなった事は松岡一家にとってとても悲しい出来事であったであろう。
しかし子供たち、特に4歳の伸矢君や2歳の弟にとって、祖母の死というものを正確にとらえることは難しかったと思われる。
悲しみに包まれた葬儀も、幼い子供たちには「大人たちがなんだか悲しい顔で集まっているな」くらいの、言葉は悪いが退屈な時間だったのかもしれない。

たった40秒間の出来事

親戚宅で夜を明かした日の朝、伸矢君の父親は我が子である伸矢君と姉、弟、そしていとこを連れ、気分転換に親戚宅周辺を散歩する。この親戚宅は山間部の林道の終点近くにあり、まわりに家屋もない、のどかな場所にある。そんな中でも子供たちははしゃぎながら父親の後をついてきていた。

朝食がまだだったこともあり、散歩は10分程度で終了し、一同は親戚宅に戻ってくる。
この時、親戚宅の玄関まで10mほどの石段を登ったところまで伸矢君がちゃんとついてきていたことを父親は確認している。
その際、伸矢君がもっと散歩したそうな様子だったという。

そんな伸矢君を残し、父親は抱まず先にだっこしていた弟を親戚宅で待っていた母親に預けた。
そして伸矢君を迎えに玄関先に戻ってみると、なんと彼の姿はなかったのだ。
この間わずか40秒ほど、1分にも満たない短さである。

息子の姿が見当たらないことに気が付いた父親はすぐに辺りを捜したが、伸矢君を見つけることは出来なかった。
その後、すぐに家族や親戚たちが近所を捜し回り、地元の地理に明るい消防団も加わって伸矢君を探したが発見には至らず、伸矢君の行方が分からなくなってから約1時間半後の午前10時、警察に通報、すぐに伸矢君の捜索は始まった。

最後に父親が伸矢君を確認した際に、近くに不審な人物はいなかったことや、周辺で農作業をしていた人も不審な人、車両を目撃していなかったこと、周辺で交通事故の痕跡や通報もない。
そもそも松岡家がこの地にいたことも祖母の葬儀いうイレギュラーな事情によるもので、この親戚宅に伸矢君らがいたことも、親族以外知りえない事であったなどの事情から、警察は親戚宅から私道と林道を辿って行ける山間部に入り込んでしまい、山で迷子になっているのではないかと判断。

この日のうちに地元警察に県警機動隊、警察犬や消防署員、地元消防団員に一般市民を加えた100人近くを動員して徹底的に山間部での捜索を行った。翌8日には捜索の範囲を広げ、200人を動員し3ヶ月間必死の大規模な捜索を続けたが、ついに伸矢君を見つけることはできなかった。

奇妙な電話

伸矢君の捜索が行われると同時に、松岡家が滞在していた親戚宅の電話にはテープレコーダーが取り付けられた。
警察としては、誘拐事件の可能性も一応の視野に入っていたということなのだろう。

余談にはなるが、子供の行方不明事件が未解決となる理由として、警察の対応の不手際というのは往々にしてよくある(吉展君誘拐殺人事件など)。その点から考えると、今回は警察も抜かりなく対応していたということだ。

話を戻そう・・・松岡一家が自宅のある牛久市に帰る前日の3月16日、親戚宅に一本の奇妙な電話がかかってきた。
父親が電話を取ると、女性の声で「奥さんはいますか」と聞かれたという。

母親が電話を替わると、その女性は「ナカハラマリコの母親」だと名乗り、
「成蹊幼稚園の月組の父兄です。」
「見舞金を幼稚園で集めたのですが、どちらに送れば良いのでしょう?」
「もう(徳島県から)帰ってくるんですか?」と尋ねた。
成蹊幼稚園とは伸矢くんの姉が通っていた幼稚園であり、母親は「明日、自宅に帰る」という旨を伝えたが、その後ナカハラマリコの母親から連絡はなかった。
その後、連絡が途絶えたことを不審に思った母親が、数日後に成蹊幼稚園に問い合わせてみると、見舞金を集めた事実は無い。ナカハラマリコという名前の子供もいないことが判明した。

よくよく考えてみると、父親が母親に電話を替わる際、「誰かわからないけど、徳島弁だよ」と言っており、茨城県内の幼稚園に子供を通わせている母親が徳島弁であったのは不自然だ(もちろんあり得なくはないが、それならとっくにこの電話の主は特定されているだろう)。また、茨城県内の松岡さんの自宅ではなく、ただの幼稚園の父兄が親戚宅の電話番号を知っているのも奇妙である。

電話の主、ナカハラマリコの母親はあきらかに松岡家の事情を把握していた考えられるが、残念なことにこれが伸矢君発見への手がかりとなることはなかった。

数々の目撃情報

松岡家は茨城県の自宅に戻った後も、伸矢君を見つけ出すべく精力的に活動していた。
父親は自らテレビに出演したり、SNSでも積極的に伸矢君の情報提供を呼びかけた。
そのかいあって、目撃証言は多数警察や松岡家に寄せられた。

もちろんガセネタも混じっており、情報は玉石混合であったが、信憑性が高いと思われる情報も存在した。
伸矢君と思われる子供は不思議なことに全国各地で目撃されているのだ。
以下に主な情報を列挙していく。

1. 平成2年4月

徳島県内に住む主婦から「市内で伸矢くんを見た。まず間違いない」という連絡という連絡が松岡家に直接入る。すぐにその証言者と会い、徳島県警本部に証言に出ていた子供の人物特定を依頼した。

しかしその後本部から連絡はなく、父親が担当の警部に確認すると「私の父が亡くなり、バタバタしていましたので…」と言われたという。
その後、この証言が手がかりとることはなかった。

2. 平成2年

「(山形県)米沢市にあるデパートの前で、テレビで見た伸矢君とそっくりの男の子をみた」という証言が出てきた。
この話を聞き、父親はその米沢市のデパート周辺でビラを配ると、「この子供なら(米沢市の)上杉公園で見た」という情報を得ることができた。
この証言をした主婦の話では、その公園内の売店にいたということだが、それ以上の情報についてはわからなかった。

3. 平成3年

「四国霊場88ヶ所の第21番目の「太竜寺」で、白装束に身を包んだ5~6歳ぐらいの子供を連れた親子連れを目撃。」
「付き添っていた男女は普通の身なりで、子供の両親にしては年が離れすぎていた」という証言が出てきた。
母親がこの証言を聞き、87、8番目の寺でその3人の姿を待ったが現れることはなかった。

4. 平成9年

神奈川県在住のOLから「横浜の地下鉄で見た」という証言が寄せられた。
彼女の証言によると地下鉄に乗って帰宅途中のOLが、ふと電車の横に座った少年を見ると、「鳥肌のたってしまうほどに、伸矢君の父親に似ていた」と言う。

少年は「苦労しているようで身なりも良くなく、手首に包帯が巻いてあり、そこから傷が見えたので気になった」という。
心配になった彼女は少年に声をかけ、話を聞いてみると「おじさんにいじめられる」と話したという。

OLは「なにか困ったことがあれば、お姉さんに電話してね」と伝えて電話番号を渡した。
その後に電話が1度だけあったが、伸矢君の発見につながる手がかりにはならなかった。

なお、この“手に傷がある少年”という切り口で見ていくと、平成8年、山手線の高田馬場駅付近で2人の男性の両脇を挟まれた手の甲に傷がある少年と電車で出会ったという証言があるがこちらも発見には結びつかなかった。

5. 平成10年

中国地方にあるレンタルビデオ店店員から
「手首に傷のある、現在の伸矢君の想像写真にそっくりの少年が『映画タイタニック』のポスターを買っていった。」
「少年は店の出入り口付近で、まるで監視しているかのように立っているヤクザ風の男にそのポスターを見せ、『これでいいの?』といった感じで確認した後、レジに来た」
と証言している。

不審に思ったこの店員はすぐに店長に報告、店長は表通りに2人の姿を捜しに走って出たがすでにその姿はなく、警察に通報したという。
しかしこの人物に関するその後の手がかりはない。

6. 平成12年

母親の友人の知り合いから
「伸矢君失踪の翌月、徳島県の日和佐の海岸で伸矢君らしき男の子を見た。」
「30代後半ぐらいの男性が子供を抱いている、しかし親子にしては不自然な感じであった。」
「親なら、子供に何かしら話しかけたりするものだが、無言のまま、まったく言葉をかけたりしなかった。」
「男の子の顔も伸矢君によく似ていた」という情報が寄せられる。

この目撃者は徳島育ちで、当時から伸矢君が行方不明になっていたことを知っていた。
確認しようと、男の子の顔を覗き込むと、男は子供を隠すように姿勢を変えて、早々とその場から白い乗用車に乗って立ち去ったと言う。

7. 平成30年

証言とは異なるが、伸矢君に関して注目された情報がある。
1月31日にTBSテレビ「緊急!公開大捜索 ’18春」で紹介された記憶喪失の男性、和田竜人(仮名)さん(推定年齢25歳)に対し、視聴者から「松岡伸矢君ではないか」という情報が番組や徳島県警に多数寄せられた。

警察によるDNA鑑定が行われたが、松岡家との血のつながりはない。
つまり伸矢君ではないという結果に至った。
なお、和田さんは三重県四日市市に住む彼の父親を名乗る男性からDNAの提供を受け調べたところ、「親子として矛盾しない」という結果になり、和田さん自身の身元は判明し解決している。

伸矢君はなぜ消えたのか

伸也君はなぜ家族の元から忽然といなくなってしまったのか。
想像できる犯人像をもとに、筆者なりの考察をしていきたい。

犯人は身内説

子供が行方不明となる不可解な事件が発生すると必ず出てくる説ではあるが、今回はない展開だろうと考えられる。
そもそも伸矢君一家が徳島にいたことは伸矢君の祖母が亡くなったというある種、突発的で前もって日程などわからない事情によるものである。現実に存在する1人の我が子を消そうと思ったならば、綿密な計画が必要なはず。

そんな計画に祖母の葬儀の日などいう不確かな要素を入れることは現実的ではないし、親族一同全員に口止めして実行するというのも難易度が高い。特に子供にかん口令を敷くのは至難の業、どこかでぼろが出るだろう。
伸矢君を探し始めたタイミングや、警察への通報スピード、また伸矢君の両親がその後、自らの人生をかけて息子を探し続けていることを考えても、この説は取りにくいと言えると思う。

北朝鮮拉致説

上述6の証言に基づく説である。
実際、伸矢君は“北朝鮮による拉致の可能性を完全には排除できない失踪者”として、特定失踪者問題調査会が公表、徳島県警や徳島県のホームページでも“拉致の可能性を排除できない事案に係る方々”として情報提供が呼びかけられている。
北朝鮮の拉致というと、日本海に面した県の話ではないかという印象が強いが、徳島県警のホームページ内では県内の拉致疑いが残る行方不明者として8人の方が掲載されている。

実は6の証言にあった日和佐の海岸は当時、北朝鮮の船が来航する港の1つであったのだ(現在は来航していない)。
ただ、拉致だと断定するには疑問も残る。
そもそも北朝鮮が日本人を拉致するのは、日本語や文化について当の日本人から学び取ることが目的であったはずだし、実際当時拉致された、または疑われている人のほどんどが10代後半から30代だ。

いくらなんでも4歳に伸矢君にその役目は難しいだろう。
ここは目撃されたのがたまたま北朝鮮船が来る港だった、と考える方が筋が通っている気がする。

誘拐説

筆者が最も可能性が高いと考えているのがこの説である。
理由は3から6までの証言とナカハラマリコの母親を名乗る女性からの電話だ。

筆者の考えた事件のシナリオ

3から6までの証言で伸矢君と思われる少年が一緒にいた、または一緒にいると話した人物の性別や構成は必ずしも一致しない。しかし誘拐した犯人が複数犯、しかもそれなりの信頼感で結ばれた人物たち、例えば家族で結託して伸矢君を誘拐したと考えれば辻褄は合う。

以下は筆者の考えた事件のシナリオである。

犯人らは事件発生時、徳島県内で暮らしていた。
当初からなんらかの理由で子供を誘拐したい、手に入れたいという暗い欲望を秘めていた。
そこへたまたま徳島にやってきた伸矢君の存在を知る。

葬儀をやるとなると例えいくら身内のみの葬儀だったとしても、完全に周囲にバレないように執り行うのは難しいし、一般の弔問客も受け付けるような葬儀であれば、その親族と近しい人や物理的に近所の人なども知ることになる。
そういった理由により、葬儀に参列してみると伸矢君ら子供たちを発見する。

この時点で伸矢君を誘拐すると決めたならば、あとはこっそり松岡家の行動を監視していればいい。
ことによっては犯人が松岡家とかなり近しい人物であったならば、人づてに親戚の家に泊まっていることやその親戚の家がどこなのか言葉巧みに探ることは難しくないだろう。

あとは隙をみて伸矢君を手に入れるのみである。
しかし、子供を自分たちのところに置き続けたいと考えるなら、いつまでも徳島に留まり続けるのは危険だ。
警察も躍起になって探すし、周囲の目もある。

ただいきなり引っ越しなどするとそれはそれで怪しまれるかもしれない。
そこで取った行動がナカハラマリコの母親を名乗って松岡家がいつ徳島からいなくなるのか確認することだ。
彼らが徳島にいる限り、徳島内で必死の捜索をすることが目に見えているからである。

姉が通っていた幼稚園の名前などは伸矢君から聞き出せる可能性が高い。
そこで話の内容に信憑性を持たせ、一家が徳島を離れる日を確認したのだ。
そこからは捜索のほとぼりが冷めた段階で住処を変え、転々としながら伸矢君と共に、まるで家族であるかのように暮らしていたのではないだろうか?

最後に

伸矢君は今どこでなにをしているのだろうか。
もしも自らを連れ去った犯人たちとの家族ごっこが今なお続いているのだとしたらゾッとする。
そして、伸矢君の本当の家族にすればそれはどんなにか屈辱的で、我が子と歩むはずだった年月を失ってしまった悲しみは深いものであろうか。

もしも伸矢君についてなにか知っている方がいたらぜひ、徳島県警まで情報を提供してほしい。
彼は今なお、私たちの隣人として助けを待っているのかもしれないのだから。

※画像はイメージです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる