MENU

アメリカの森に潜む巨頭のUMA「メロンヘッド」

数々のUMAの伝説、目撃証言が報告されるアメリカ合衆国。
そのアメリカ各地で、体のサイズに対して異様に大きい頭部を持つ「メロンヘッド」という怪物が出没すると噂されています。メロンヘッドとは一体なんなのか考察します。

目次

アメリカで目撃が多発する巨頭の化け物

メロンヘッドとはアメリカ各地で目撃されると言われる、頭部が異様に大きいヒトガタのUMA。

アメリカ合衆国各地で目撃がありますが、特に集中しているのは「ミシガン州・コネチカット州、オハイオ州」などの北東部です。この地域は人間とオオカミを掛け合わせたような「ミシガンドックマン」や、オハイオのビッグフットと呼ばれる「グラスマン」といったUMAの伝説があります。

メロンヘッドの身体的特徴を目撃証言から追っていくと、体長1.2m程度で小柄な人間のような体に対して異常なほど大きな頭部をもち、しわがれた老人のような顔つきで、オレンジに光る気味の悪い目をしています。
性質は、狡猾で凶暴、普段は人目のつかない森に潜み、自分たちのテリトリーに入り込んできた人間や動物を襲い食べてしまうと言われています。

こんな生物と森で出くわしたら冷静ではいられないでしょう。

メロンヘッドの正体とは?

メロンヘッドは異常に大きな頭の特徴から、水頭症という頭部が異様に肥大化する病気にかかった人間ではないか?と言われ、収容所や精神病院にいた子供が逃げた、もしくは虐待を受けた後に捨てられた。マッドサイエンティストが実験で生み出した生物が逃げ出したという話などもありますが、真相は確かではありません。

その他にも、宇宙人説や未知の人類。既存の動物の誤認説と沢山あり、どれが真実なのかは不明ですが、動物の誤認が有力なのではないかと考えています。

以上、アメリカ合衆国に伝わる恐怖の巨頭怪人メロンヘッドの伝説でした。
彼らは一体何者なのか? いつか解明される日が来るかも知れません。

※画像はイメージです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも感想を書いて!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次