初心者必見!純正品をなめたら思い出はいつの日も雨

はじめまして、キャンプ歴10年、元キャンプ場職員です。
何度もトラブルに遭遇し、楽しいキャンプがただの修行になってしまったこと、多くのキャンプ用品と悲しい思い出をたくさん作った経歴があります。この記事を見て皆様が楽しいキャンプを送れるようにトラブルに備える豆知識、基礎知識をお伝えしたいと思います。

これからお伝えするのは、独自の観点から見た一個人の意見ですので、チラ見でも流し読みでも大歓迎でございます。
楽しいキャンプを行うためには、しっかりとした準備と余分な物を持って行き過ぎないことだと思います。

目次

キャンプに行く前に

キャンプに行く前に必ず、キャンプ場と周辺のお店情報、天気予報の確認、キャンプ用具の再確認と予備のキャンプ用品をご用意ください。

キャンプをしているとよく見かけるのが、大量の荷物を広げて心が折れている初心者さん。思いつくままにキャンプ用品持ってきた人、新しいキャンプ用具を買った状態、箱のまま持ってきている人です。頑張って設営しているのに何時間、経っても終わらない片付けや設営に時折、私も心を痛めておりました。

よく見るとペグは曲がってロープはゆるゆる、物はあちらこちらに広がりフリーズしておられる方。中には、あきらかに初心者さんなのに複雑な構造をしている上級者向けのテントと戯れて遊んでいる方がいます。
新しいキャンプの遊び方としては、上級者向けですがオススメできません。

初心者の方ならまずは、背伸びをせずワンタッチ式のテントや初心者向きのテントを調べて購入することをオススメします。前日に説明書と内容物の確認や広い場所で一度、設営するといいですよ。ですが新しいテントを夜の公園で設営すると職務質問を受けることになるのでご注意ください。

次に注意すること

次に初心者、上級者に関係なく、忘れ物が多いのがキャンパーです。テント以外の備品も確認しておきましょう。利用するキャンプ場と周辺のお店情報等も調べておくと忘れ物をしても早期対応ができます。
最後にいくら新しいキャンプ用具とは言え無敵ではありません。自然の力により壊れることもあれば、使い方を間違えて折れることもあります。

指だって曲がらない方向に力を加えれば折れるのと一緒です。特に純正品は、簡易的な物が多く、ギリギリ平均的な耐久性の物が多いです。生産者側だって安いコストで売れる商品を作りたいでしょうから仕方のないことです。思い出がいつの日も雨にならないように折るのはペグだけにして予備品を用意しておきましょう。

ロープやポールは長さを確認して購入、ペグ等は簡易的な物はすぐ曲がってしまうの鋳鉄製のペグを何本か用意しておくといいでしょう。
皆様も過去の私のようにキャンプに来たのにビジネスホテルに駆け込むような事には、ならないよう準備を怠らず楽しい思い出作りをしてください。

※画像はイメージです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

感想をお気軽にどうぞ

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる