MG 1/100 ガンダムF90用 ミッションパック Dタイプ& Gタイプを装着してみた

プレミアムバンダイで発売されている、MG 1/00 ガンダムF90用のD装備とG装備のセットをガンダムに装着しました。

ガンダムF90はガンダムF91年公開前にスタートした企画で、本体のガンダムF90に多数の武装パックを、背中や腕のハードポイントに装着して別の役割をもたせていくというコンセプトのものでした。
このコンセプトは機動戦士ガンダムSEEDのストライクガンダム、SEEDデスティニーのインパルスガンダム、GのレコンギスタのGセルフへと継承されていくアイデアなのです。
ストライクガンダムの武装は背中、右か左肩、左腕に装着されるものが、インパルスガンダムでは背中に装着するだけとなり、Gセルフも背中の接続が基本となっております。
これら機体の換装作業と比べるとF90のハードポイント換装は非常に手間がかかるのが特徴で、このアイデアが洗練されて続いてきたことがわかります。

デストロイドの略称「Dタイプ」の武装は両腕のロケットランチャー、肩のランチャー、腰部の大型ガトリングガン、腰前部のクラッカー、両足のブースターで構成されており、中~超距離のモビルスーツ戦でやたら有利そうな構成です。

一方、今回のプラモデルが初のデザイン登場となるガードタイプのGタイプは左肩に大型盾、右肩に大型ライフルと兼用のビームソードが装備され、右肩のラックに大型ビームソードをセットすることが可能です。

足には装備がないため、Dタイプ、IタイプのブースターやSタイプのミサイルを取り付けて楽しむことも可能で、開いている腰アーマーもFタイプの武装をつけるのも良いでしょう。キット自体は可動部分も少なく、ポリジョイントもなく色分けの優れたものでスムーズに組み立てることができるでしょう。

ただしGタイプの大型ライフル兼用ビームソードのエネルギーパックは、F90本体の余ったエネルギーパックを取り付ける必要があります。
今後もシリーズが展開されている間はこのパックの再販も続いているのがいいところで、早く買うに越したことはないですが2022年辺りまでは購入ができるとは考えられます。

最新情報をチェックしよう!