MG 1/100 ガンダム F90用 ミッションパック Rタイプ& Vタイプを素組してみた

プレミアムバンダイで発売された、MG 1/100 ガンダム F90用 ミッションパック Rタイプ& Vタイプを素組してみました。

プレミアムバンダイのガンダムF90 RタイプとVタイプのセットはVタイプは90年代に販売されていたヴェスバー試験タイプのリメイクキットです。
Rタイプは新たに書き起こされた情報収集・戦況記録仕様の初キット化となっており、Vタイプの旧キットは成型色が青、ビームシールドのクリアグリーンの二色のみだったものを、今回のキットで白、黄色、グレー、青、クリアグリーンと変更し、未塗装でもかなりのところまで仕上げることができます。
ただ、両肩と両足のフィン部分とバルカン砲の赤はシール再現です。

独特の形状かつ細い箇所なのでやや塗装が大変な形状です。このフィン部分はホワイトで成形されており、左腰のビームサーベルホルダーも白で成形されていますが、旧キットの写真ではガンメタルとなっている物もあり、独自性を出したい人は塗装しても良いかもしれません。(旧キットの説明書でもイラストによっては白く見える部分はあります。)

キットは今回もポリキャップレスで、ヴェスバーのスライドするグリップもスムーズに動き、組み立てもスムーズと言えるでしょう。
ビームシールドはF91ver2.0の流用のためか、発光イメージのエフェクトを付ける際、黄色い部分を外す必要があるのがこのキットとしてはウィークポイントです。一方、新たにデザインされたRタイプはグレー系の装甲が目を引くデザインとなっており、情報収集用と思われるセンサーの部分はクリアパーツではなくすべてシールで再現されています。
このシールがよく光を反射していい雰囲気となっています。

ハードポイントは微妙に空いているため好きに他の機体の追加装備を足すのも良いでしょう。
このF90はガンダムシリーズでは初とも言える武装換装システムを設定していますが、手足、肩、両足、腰の三方など全身に用意されたハードポイントのフタの取り外しが組み換えの際にわりと手間でした。

後年のコンセプトの近いストライプガンダムではフタがなく、肩と背中と腕に装備を取り付けるだけの武装換装システムとなり、インパルスガンダムやGセルフはバックパックの装着だけで別機体へ変わるシステムへと進化しており、ガンダムデザイン史としても重要な位置にあった機体といえるのではないでしょうか?

最新情報をチェックしよう!