ミサイル艇「はやぶさ」の一般公開に行ってきました

サバゲ・イベント・フィールドレポート

2018年6月上旬のこと、夜にいきなりサバゲ仲間から電話があり「明日予定ないよな?」と。
休みでゆっくり寝ていたかった私にそんな連絡が来ました。
大体何処かに強制連行で見学とか連れていかれるパターンだな。

次の日の朝5時頃に迎えがきて向かった先は柏崎港、そこには824と船体にナンバーが掛かれた船が停泊していました。
ミサイル艇の「はやぶさ」でした。

まだ朝早いのに、小さな子供さんから年配の方まで男女様々の人が結構人が並んでいたのには驚きを隠せませんでした。
照り付ける太陽が熱く、水分補給しながら並んで待つのが少し大変な初夏の朝。

時間になり船の近へ、船体には日の丸の旗。間近で見る大砲やレーダーは迫力がありました。
外観がシャープで無駄のない作りでスッキリしている。でも重厚感がピリピリありました。
今すぐにでもミサイルを発射できそうな勢いが漂ってきました。

今回は船内に入ることができて、指令室まで行くことが出来ました。
入ると所狭しと並ぶ機材、目の前の窓ガラスから見える海の景色が天気も良かったのか、凄く綺麗に鮮明に見えました。
クリアに見えて大きい窓が様々な物を発見できるなと感動でした。

船を降りますと、高田駐屯地の陸上自衛隊の車両があり人が多く集まっていました。
指揮通信する車や機動車、深緑の偵察用のバイクもあり、バイクには跨ることができました。
カッコよかったです。子供も多く待っていたのであまり長時間は乗ってられないのが残念です。

その他、陸海共に制服の試着ブース、ガラポン抽選会もあり盛り上がっていました。
夕方まで居て、夕焼けを浴びるはやぶさがカッコよく見え、日本の平和を守る大事な兵器でもあり装備でもあると実感できました。


Writing by 悠生
40代のおっさんサバイバルゲーマー。
相棒はP90とグロッグ18Cです。

記事内の画像はライター様の都合により、他の方が撮影したイメージ写真となります。
画像を提供して頂ける方がいれば連絡をお願いします。