大人も子供も、おねーさんも楽しめる?「MOTHER2 ギーグの逆襲」

少年が大人になる・・・と、誰もが夢見る壮大な冒険劇。
ある日突然に力が目覚め世界を救う為に旅立つ・・・誰もが夢に見た、そんな冒険心を満たしてくれるRPG「マザー」の続編となる「マザー2 ギーグの逆襲」を今回は紹介したいと思います。

このゲームは、あのファミコンで名作となったRPGソフト「マザー」の続編となり、1994年のスーパーファミコンで発売され、装いを新たに作られ「マザー」の世界をより深く、魅力的に作り込んだ名作ソフト。

物語はイーグルランドと呼ばれる地方都市、オネットから始まります。
真夜中、突然に隕石が裏山へと落下し騒然とする中、主人公の友達ポーキーに、隕石を見に行った弟が行方不明になってしまったと泣きつかれ、少年は弟探しを手伝う事になります。
隕石の傍でようやくに弟を見つけると、その隕石の中からカブトムシのような生き物が飛び出し、自身を未来から来たブンブーンと名乗ります。
10年後の未来、地球征服を目論む宇宙人ギーグによって侵略されつつあると語り、主人公の少年こそが、この地球の救う存在だと伝えてきます。

突拍子もない事態に巻き込まれてしまう中で、未来からやってきた刺客に襲われるも、少年の不思議な力で撃退しますが、未来から来た使者ブンブーンは、ポーキーの母親に害虫と間違い殺されてしまいます。

息絶える間際に少年に地球を救う使命を託し、仲間達を求めて少年は家族に別れを告げ、冒険の旅へ出発する──
と、物語は始まっていく事となります。

前作のファミコン版とは違い、今作のマザー2では、エンカウントバトルが設けられ敵の姿が見える様になり、、前作に比べて非常に細かいつくりが注目できる内容となっています。

町の中で歩いていれば、飾りだと思っていた標識や車がいきなり襲い掛かってくる。街中でも油断の出来ない緊張感もさる事ながら、コミカルな演出。片田舎の町から大きな街へと歩いていく冒険は、前作同様に広くなり、また以前とは比べて世界を巡る旅。荒野と砂漠とはてはジャングルに地底世界と、主人公の少年が歩む冒険の世界が広がり、またそれに合わせて出逢っていく人々など、物語の広さを楽しませてくれる内容となっています。

夏休みの大冒険とも言える、そんな気分にさせてくれるRPG「マザー2」
子どもから大人でも楽しめる、そんな名作ソフトでもあります。

イバ・ヨシアキと申します。
ジュブナイルな内容で世界を救うと壮大な物語などが好きなライターですが、宜しくお願い致します。

MOTHER(C)1994 Nintendo(C)1994 Shigesato ITOI / APE inc

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる