アウトドア初心者の子連れ登山!

2人の幼子を連れての登山、荷物は?危険は?装備は?
そんな疑問にお答えします?!

長引くコロナ禍における自粛生活。
密を避けろと言われても、なるべく家を出ないと言われても、我が家の場合は本当に無理難題でした。
何と言っても2人の怪獣(5歳と3歳の息子)を抱えているからです。

幼稚園も休みで公園に行っても密と遊具を避けろと言われ、家の中での遊びもつき、疲れた親はイライラして・・・。
このままではダメだと考えた私たち夫婦は自然の中へ逃げようと計画を立てました。

とはいえこれまでほとんどアウトドアグッズなどを揃えて来なかった私たち。
持っているのは夏の公園用のテント・・・以上。知識も何もありません。

そこで特にグッズは必要ない登山を計画しました。
特に子供を連れての登山なので途中で、子供が疲れた場合について対策を考えました。

1つは登山用の駐車場から登山口まで少し歩くようだったので、その感はキックバイクや自転車などで移動させて少しでも体力を温存させること。
もう1つはピギーバックライダーを持参して、万が一抱っこ攻撃にあった時に対処できるようにしておくこと。

ピギーバックライダーとはリュック型になっていて大人の腰上あたりに垂れ下がったバーの上に子供がたてるようになった育児グッズです。安全で、両手が開くので子供が小さいうちは重宝しました。ただ、それは最後の手段として隠し持っておきましたが。

あとは水分補給のための水筒や川で遊んだ時の着替えなど、普段の公園遊びとそこまで変わらない持ち物でした。

子供の疲れのために対策した上記の2点は本当によかったと思っています。
登山道自体は初心者用の短いコースだったのですが、そうとは言え登りくだりがあり大人でも心地よく疲れるほどでしたので、少しでも自転車で距離を稼ぎ、大人も疲れた帰り道もきちんと自分で漕いで車まで帰ってくれました。

コロナ禍でみんな考えることは同じだったのか、山の中は割と人が多く賑わっていましたが、自然の中でリラックスすることができよかったです。

最新情報をチェックしよう!