私の自衛官時代の謎の体験?

自衛隊の話

初めまして!!元航空自衛官のポンです。
今日は関東地方に勤務していた頃の話をしたいと思います。

アレはまだ私が若かりし頃、関東地区で国内最大級級の基地に務めていた頃の話です。当時私は新隊員過程を終了し〇〇基地に配属になり、山口から移動も終わりちょうど警備勤務についた頃の話でした。

警備勤務では、基地内及び基地外の重要拠点(詳しくは言えませんが)を交代しながら24時間警備をしなければなりません。月に2~3回位だったと記憶しています。

その中でも、ある2つの場所はとても人気でした。
何故かと言うとほかの勤務者はおらず2名での交代の為、見回りを終わらせれば、ゲームしようが、マンガ読もうが自由だった為、なかなか新兵の私には回ってくる事がありませんでした。

しかし、そんなある日、珍しく2つのうちの1つが回ってきました。
その時は喜びましたが、後々になって後悔する事に・・・

午前中~昼間にかけて歩くと15分位のところを散歩気分で歩きながら、最後のチェック地点にサインをして戻るだけ。後は次の時間までゲームやら、マンガやら、を読んだりしながら過ごし、お昼ご飯ゴハンを食べながら「こりゃ~楽でいいや」とか思っていました。

昼からも決まった時間に散歩して気づけば夕食、夜は4時間の仮眠時間もあるし昼間も少し寝れたし。
夜の8時に見回りに行こうと外に出ると真っ暗でした・・・そう、基地内の重要拠点なのであまり目立たないように電気はなくなり、昼間散歩道だったのに、夜のそれは今思い出しても怖いほどの暗黒道。

オマケに最後のチェックする場所は、昔女性が殺され壁からトキドキ視線を感じるんだとか・・・どーにかして、その時間は行くことができましたが・・・

次は夜中の1時、ハッキリ言って怖くて仕方ありませんでしたが、ちゃんと行っているか、車両で見回り来るため行かざるをえませんでした。

1時になり相方の方は仮眠に入り、私は見回り。
カタカタ震えながらどーにかチェックポイントへ、チェックポイントの壁は老朽化が進みはっきりいってシミが人の形にも・・・見えました。

そしてサインをするため、急いでチェックしようと壁に行くとなるほど誰かに見られている様な気がする。そっと上を除くと白いモヤのようなものが!!

私はサインを書いた分からなかったですが全力で走りました。怖くて振り返ることも出来ずにとにかく走り戻りました。

後にも先にもその勤務地の警備に後に着くことは無かったのですが、他の人に聞くと、声を聞いた、壁の上に女が居たと色々な噂を聞きました、私がみたモヤは一体なんだったのでしょうか。


Writing by ポン
最近タバコの値上がりの方が怖いです( ̄▽ ̄;)

※写真はイメージです。