新潟県「苗場サバゲーフィールド」レポート

■ スポンサードリンク


苗場スキー場のある中の「苗場サバゲーフィールド」でサバイバルゲームしてきました。
スキーのリゾート地で、自然あふれ空気の良いいいフィールドです。
2つの特徴あるエリアは初心者にも敷居が低く、楽しめる場所だと思います。

突然サバゲ

サバイバルゲーム仲間のNさんに、突然ドライブを誘われました。
同乗していた数人の仲間と当て所もなくブラブラとしていたとき、運転手のNさんが「これからサバゲーしにフィールド行くぞ!」と言いだしました。
突然の宣言で驚き、そして誰も銃器は持ってきてません。

近くはないのですが、新しいフィールド開拓を目的で「苗場スキー場」に向かうということになりました。
苗場スキー場はユーミンのライブや、スキー、スノボーで行ったことはありましたが、サバゲーフィールドの話は初耳です。

苗場スキー場に着き山の上の方を行くと、そこには「苗場サバゲーフィールド」が存在してました。

突然だったのでレンタルを利用しました。BDUやエアガンもレンタルOKで、初心者にも借りやすく、サバイバルゲームがやりやすい雰囲気でした。
レンタルガンはG3SASやMP5やAK-47など複数から選べます。

フィールドに向かうとAエリアとBエリアがあり、両エリアで遊べるように手続きしました。
6人で来たので3対3で別れてゲームをします。

ゲームをしてみて

Aエリアは森林の自然のフィールド。
いつもの地元のフィールドより険しくないぐらいで、多少の起伏はあります。ですが、木々の多さと臨場感がありました。
動きやすく、アタックやディフェンスもしやすくアクティブに動けました。

Bエリアはまた違った趣で、障害物が非常に多く、ゴンドラの乗り物や重機があります。
重機のパワーショベルに隠れながら銃撃し、撃たれても重機が防いでくれるのでスリリングさを楽しみながら攻撃できました。

途中で年配の方達から誘われ、一緒にゲームして白熱しました。

苗場サバゲーフィールド

苗場はスキー場で夏冬リゾート地なのに、サバゲーができるとは夢にも思いませんでした。標高が高く、空気も綺麗でより集中したゲームができました。
標高が高いせいか、蚊がほとんど居なくてストレスフリーでした。

フィールドにはシューティングゾーンや、充電等できるセーフティエリアもあり充実しています。
ナイトゲームもでき11月頭の雪が降るまで営業しているそうです。

ゲームをするために泊まりで来る方もいるそうです。
現に苗場プリンスホテルやキャンプ場もあり、テントで泊まりでゲームもありだなと思いました。

ゲームに参加すると、近くの雪さきの湯という温泉の割引券がもらえ、その割引を使いお風呂に入り、体の疲れを癒し帰路に着きました。

真夏で日差しは熱かったですが、時折吹く風が心地よく涼しさを感じる時もあり、ちょっとリッチになった気分でサバゲーができます。

「苗場のサバゲーフィールド」おススメです。


Writing by 悠生
相棒はP90とUSPです。

記事内の画像は、苗場のサバゲーフィールド公式HPより引用しました。
問題がある場合は「問い合わせ」より連絡お願いします。

 

■ スポンサードリンク