MENU

怪しい名前の坂のある住宅地に引っ越してから起こったこと。

  • URLをコピーしました!

私の地元の坂の名前がおかしな名前なのですが。
その名も「泣き坂」・・・JRのXX線の線路沿いにあります。

泣き坂には二種類あり、私たちは、新・旧で使い分けています。
ただ旧泣き坂は少し暗くて、夜にはこちらをあまり使う気にはなりません。

目次

「泣き坂」の由来

私たち家族は、最近この近所に引っ越してきて住んでいます。
夫はこの名前に違和感を覚えていたそうで、タクシーを利用した時、ご年配のドライバーだったのでご存知かなと思って、本当に気軽に、なんで「泣き坂」なのかと軽く聞いてみたんです。

「え?お客さん知らないの?」
どうやらこの坂の由来は、昔から住んでいるひとには有名らしく逆に驚かれてしまいました。
「あのね、旧泣き坂。」
「この坂は昔、罪人が泣きながら上っていくさまをみて、名付けられた名前なんだそうなんですよ。」
ニコニコしながらお話されているのですが、なにせ不気味な話なので、半分はおふざけモードになっているのでしょう。
「ここの頂上には死刑台があったらしくてね。」
昔は何もなかったから、見えてくる死刑台に嘆いていたのでしょうねぇ。」
「まぁ、今生のわかれってやつですよ」

死刑台と聞いて、気になる事があり、それも聞いてみました。

不自然な石碑

夫が引っ越して来た当初、近くを散歩がてら探索していると、ある公園に不自然な石碑があったそうです。
公園のちょうど真ん中の端っこに階段があり、下で遊んでいたそうですが上ってみたら、なんだか暗くて変な場所だったと聞かされたのです。

「あの、死刑台って、あの公園の中にあるあれですか? 」
思いきって聞いてみました。
「あぁ、あれは違うみたいだよ」
否定はされましたが・・・・
「確かになんか暗くて変な場所だよね。」
「でもね、餅塚といってね、そうじゃないそうだよ。」
「その由来は私もよく知りませんが、でも死刑台の場所は謎なんですよ。」
「昔はだけど、死刑を執行したあと、山のようにすぐ横に捨てたらしいですよ。」
「まぁ、罪人ですからね、そうもなっても仕方ないですよね。」
「餅塚みたいな高さにもなるかも知れませんよね。」

私たち家族に起きたこと

なんだか私は嫌な気持ちになりました。
実はこの土地に越してすぐ、家族に次々と異変が起きて、夫におかしいのではないかと話した時期があります。
お恥ずかしながら、アホなのは承知の上風水的ななにかと思い、ネットで確認して、水回りに盛り塩までしてみました。

というのも私がまず、脳に支障を来たし3ヶ月で倒れました。
子供は狂ったように泣くようになり、本当にストレスで、こちらも癇の虫に効くという寺の粉を飲ませました。
夫は難病にかかり、今でも治療をしています。
こんなのが続けば、神頼みにもなります!

我が家は、公園のそばではありません。
とはいえ、死刑台はどこなのでしょうか?
今だ気になりますが、知りたくもないです?

※画像はイメージです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次