超能力は「感」がするどい人は持っている?

超能力・・・それは漫画や空想の登場人物が持っている訳ではありません。
例えば、高額当選金で有名な「宝くじ」、毎年誰かが数億円を当てています。
強運以外に、その人は超能力がある人なのかも知れません。

このような能力は、「感」がするどい人なら持っていると言われます。
中身を当てる、未来を予想出来るなど、超能力の一つではないでしょうか?

超能力は子供の頃から持っている?

今から数十年前、昭和時代に日本では超能力ブームが起きます。
外国から「ユリゲラー」という超能力者を名乗る人物が来日し、世間を驚かせたものです。

テレビの中で披露したのは、「スプーン曲げ」でした。
固い金属製のスプーンを、つまんだだけで折り曲がってしまいます。

視聴者はそれを見た瞬間、興奮や超能力と思ったはずです。
しかし、この行為は、トリックであり超能力ではありませんでした。

スプーン曲げは、マジックの一つで種明かしがあるそうです。
マジックは、現在、技術も上がり超能力レベルになっています。

そんな超能力は、すべてがトリックではありません。
本当に持っている人は、実在して科学では解明出来ない事もあります。

例えば・・・

例えば、私が小学生時代、クラスに少し変わった子がいました。
その子は「T君」と言い、予言者だとクラスメートに言われます。

ある日、T君は、クラスの数人にこう言います。
「あのY君、明日休むと思う」
すると、次の日、元気だったY君は風邪を引いて学校を休みました。

また、ある日には、
「N君、今週中事故に遭うと思う」
と言い、周りを驚かせます。
N君は、T君の予言通り3日後、車に当たられ腕を骨折しました。

他にもN君が、「消しゴムがなくなった」と言っていると、
「ポケットに入ってるよ」と・・・
N君は制服のポケットに手を入れると、本当に入っていたそうです。

それからだんだんとクラスメート達はT君を怖がるようになり、数か月後、T君は転向していなくなりました。

T君がいったいどのようにして、言い当てていたのかは誰もわかりません。
手品とは違いタネがあるようにも思えませんので、事実から超能力を持った人はいないとは言い切れません。

明治時代には「透視」の能力を持った人がいた?

超能力者といえば、明治時代に「透視」の能力を持った人がいたと言われています。

箱の中身を当てる事は、通常出来ないのが普通です。
中に何が入っている事が分かれば、その人は透視の超能力があるかも知れません。
この透視は、かって日本に凄い女性がいて世間を驚かせた事があります。

名前は、「御船 千鶴子」と言い明治時代に実在した人物です。
彼女は、紙の封筒や箱に入った「模様」や「数字」を透視で当てます。
周りの人たちは、超能力を持った人物と話題になったそうです。

しかし、実際は、怪しい部分も多くトリックを用いていた噂もあります。
本当の能力か?イカサマか?世間の声に耐え切れず彼女は自殺をしてしまいました。

「感」がするどい?

実際「感」がするどければ、かなりの事柄を当てる事は可能ではないでしょうか?
感がなにかというと理屈はわかりませんが、超能力と呼ばれる物の一種で、優れた感の持ち主なら、未来を先どる事も出来ると思います。

ビジネスで成功を収めている人は、そういった部分が優れているのではないでしょうか?
そういった超能力を持った人は必ずいて、何かで成功していると思います。

最新情報をチェックしよう!