ゾンビ・悪霊・モンスター治退は任せておけ!「ナイトスラッシャーズ」

今回紹介したい懐かしのアーケードゲームは、濃ゆい色のゲーム作品を仕上げていく事で有名なデータイーストのナイトスラッシャーズを紹介したいと思います。このゲームは、ファイナルファイト形式のベルトスクロールアクションゲームとして1993年に発表されました。

ステージは全7面構成されており、世界を舞台にして各地に蔓延るモンスターを倒していく、それまでに遭ったベルトスクロールアクションゲームとは少し変わった演出が施され、グロテスクな表現を取り入れながらも、独特なゲーム演出で、ホラーとアクションを融合させたゲーム作品でもありました。

主人公もデーターイーストならではの濃い登場人物が用意され、特殊兵器を満載した両腕をサイボーグ化したモンスターハンターのジェイク・ホワイトに、代々吸血鬼を狩る事を生業にした一族の末裔であるヴァンパイアハンターのクリストファー・スミスに、退魔師を生業とするエキゾチックなアジアの美女・趙紅華と、実に個性的な面々が登場します。

この作品の特徴にあるのは、キャラクターの好物と、また敵の特性などのシステムにありました。
例えばジェイク・ホワイトはゴーレムや狼男に、ボス系の敵などに特化した、オールマイティなキャラクターの様に見えますが、このゲームの敵は主にゾンビなどが多く、彼をうっかりと選んでしまえば、ハードな内容となってしまうと、実に使い勝手に難しいキャラクターでもあります。
また彼の好物アイテムであるハンバーガー、フライドチキン、バドワイザーなど、一人プレイの時には登場しない回復アイテムが得られず、回復率も3人の中では最下位と実に玄人の上級者向けのキャラクターでもあったのです。

この3人の中で非常にバランス的に優れているのが、ヴァンパイアハンターのクリストファー・スミスになります。
彼はゾンビ系に吸血鬼系などの敵にもバランスよく対応でき、また回復アイテムも、シチューに甘いモノと、回復力も高く、ワンコインクリアを狙うプレイヤーは彼を使っていました。

趙紅華も、クリストファー・スミス同様に使い勝手の良い、悪霊系モンスターなどのゾンビに強いキャラクターなのですが、ボス戦などに苦戦しやすいと、彼女のまた使い勝手難しいキャラクターでもあり、また回復アイテムも、肉まん、ココナッツミルクに中華系回復アイテムなどを食べれば回復率が高いと、この3人の中では二番目の使いやすさのあるキャラクターでもありました。

連続攻撃にジャンプ攻撃と掴み攻撃を駆使し、溜め攻撃のオーラ技をトドメにし、またコミカルな技としては敵を地面に無理矢理と押し込め、そのまま追い討ち攻撃を加える事の出来る仕様もあり、多種多様な攻撃方法を堪能できるゲームでもありました。

特に2人プレイでは合体技が使え、その技でモンスターを全滅させる爽快感は、今も忘れられない思い出でもあります。

イバ・ヨシアキと申します。
ゾンビ映画は「死霊のえじき」などを見て、ゾンビに食い殺されるシーンにトラウマを覚えたものです。
ゾンビに出くわしたらどうしようかと、真剣に悩んでいた思春期を持つライターですが、宜しくお願い致します。
(C) 1993 ナイトスラッシャーズ データイースト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる