美少女ガンアクションの至高の名作「ノワール」

今回紹介する作品は、2001年にテレビアニメとして公開された、「銃と少女」をコンセプトした、美少女ガンアクションの名作でもある「ノワール」を紹介したいと思います。

パリの裏社会にて暗殺を代行する孤高の暗殺者であるミレイユ・ブーケは、日本の女子高生・夕叢霧香から、自分の過去に関する情報を取引に依頼を申し込まれてしまいます。
馬鹿にしたメールだと思っていた矢先、そのから流れたオルゴールの音楽は、ミレイユに因縁のある曲だったのです・・・

それは、かつて自分の一家が惨殺された際に奏でられていた懐中時計のメロディで、自分の両親を殺した情報を知っているという、霧香に逢いに日本へと訪れます。

(C) 2001 NOIR (ノワール) 月村了衛・ビィートレイン・ビクターエンタテインメント

しかし霧香は過去の全て記憶を失い、自分が何者なのかを知らず、与えられていた生活を過ごしていただけの少女でしたが、戦闘訓練を受けた男達を手玉に取るかのように、たぐいまれなる戦闘能力を持っていた彼女を見て、ミレイユは自分の仕事仲間として、また自分の家族を殺した唯一の手掛かりとして霧香を迎え入れます。

霧香は、ミレイユに失われた自分を取り戻す事を目的に、彼女と共にパリへと赴き、暗殺ユニット「ノワール」を結成し、裏社会の暗殺者として過ごす事となります・・・

この物語の最初では、二人の関係は上手くいっているモノではなく、何かと噛み合わないと、二人の関係はどこか歪でしたが困難な依頼をこなしていく内に、二人は最高のパートナーとして絆を結んでいくのですが、秘密組織「ソルダ」に狙われ、霧香の出生の秘密とミレイユの過去が絡み合い、二人の運命を狂わせて行きます。

(C) 2001 NOIR (ノワール) 月村了衛・ビィートレイン・ビクターエンタテインメント

霧香が自分の両親を殺した仇と知り、ミレイユは動揺を隠せないまま、ソルダが作り出した霧香の真のパートナーであるクロエに不覚をとってしまいます。

ミレイユは、かつて自分の両親を殺した霧香に複雑な想いを抱くも、互いに結んだ絆を捨てる事が出来ず、過去よりも今・現在を手にしたいと願い、霧香を救いに、ソルダへと乗り込んでいくと、ミレイユと霧香の二人の絆が、この作品の見どころでもありました。

筆者は、クロエにも幸せになってほしかったのですが、霧香を思うあまりに道を違う事になり、ノワールの運命に翻弄されてしまった彼女が不運で仕方がありませんでした・・・

美少女が銃を持ち、殺しの世界へと身を置くと、その姿には惹かれるロマンがあり、常に魅入っていた名作でもあります。


イバ・ヨシアキ
イバ・ヨシアキと申します。
実際に拳銃を選ぶ事になったら、コルトガバメントM1991を選びたいと思っていますが、コルトパイソンも捨てがたいと思っているライターです。

(C) 2001 NOIR (ノワール) 月村了衛・ビィートレイン・ビクターエンタテインメント

最新情報をチェックしよう!