クリスマスは米軍の総力を挙げてサンタを追跡せよ?!

それは冷戦の真っただ中の1955年。
コロラドのスーパーマーケット「シアーズ」が年末商戦の一環として、子供向けのサービスとして開始した「サンタクロース・ホットライン」。

つまりは子供が電話をかけると係員がサンタとして受け答えしてくれるサービス。そのアイディアは良かったものの問題は記載した電話番号に誤植があり、よりにもよってCONAD(コーナッド)中央防衛航空軍基地の司令長官「ハリー・シャウプ大佐」のホットラインにつながってしまうのでした。

image source:Public Domain(NORAD Public Affairs, Bob Jones)

最初に一人の少女からかかっきて電話に対応した少佐は、予想もつかない事態でお互いに困惑していたとはいえ、少女の「あなたは本当にサンタクロース?」との質問に実に事務的に対応してしまい、電話先の少女は泣き震えてしまいます。事態を把握したシャウプ大佐は電話が混線したんだと考え、機転を利かせてサンタのふりをすることにしたそうです。

しかしその後も基地にサンタクロースへの電話は鳴り止まず、部下にも子供たちの電話に対応する命じ、「レーダーに、サンタが北極から南に向かった形跡がある」とユーモラスな回答をするのがクリスマスの恒例行事となっていくのでした。

その後、北アメリカ航空宇宙防衛司令部、通称ノーラッド(NORAD)が引き継ぎ2018年現在で60年以上も続くサービスとなるのでした。

U.S. Air Force [Public domain], via Wikimedia Commons
[aside type=”normal”]北アメリカ航空宇宙防衛司令部(North American Aerospace Defense Command)とは?
通称ノーラッド(NORAD)、アメリカ合衆国とカナダが共同で運用している連合防衛組織で、衛星や航空機による偵察監視を利用し、24時間体制で人工衛星の状態や核ミサイルや弾道ミサイル、戦略爆撃機の監視を行うアメリカ国防においての重要な機関です。[/aside]

そしてインターネットの普及に伴い、WEBサイト上で北極のサンタの村を出発して世界中の子供にプレゼントを配っていく、サンタの位置や状況をリアルタイムで中継するようになりました。

公式サイト「NORAD TRACKS SANTA(ノーラッド・トラックス・サンタ)」

世界中の主要都市などにさしかかるとCGの動画が見られて夢いっぱいのクリスマスを楽しめます。

さて、ここからは幾つか気になる事を書いていきます。

サンタを追跡の方法

公式サイトにも説明されていますがサンタを追跡する方法として、サンタのそりをひくトナカイの「ルドルフ」が利用されます。トナカイの「ルドルフ」は他の個体とは違い赤く光る鼻をもっていて、その光った鼻を照明代わりにサンタのそりを先導して世界中を旅をします。

そこに目を付けたノーラッドは、「ルドルフ」の鼻が発生させる赤外線をアメリカ軍の早期警戒衛星の国防支援計画衛星、通称DSP衛星(Defense Support Program Satellite)の赤外線センサーによって監視します。

(c) 2018 NORAD Tracks Santa

このDSP衛星は、弾道ミサイルや核爆発の発する熱源を感知する能力を有し、湾岸戦争当時には、イラク軍のスカッドの発射情報をイスラエルやサウジアラビアに提供していたほどの実績のある優れた早期警戒衛星であります。サンタ追跡には他にも哨戒機、イージス艦、サンタネットワークカメラを使いサンタを監視します。

(c) 2018 NORAD Tracks Santa

公式サイト「NORAD TRACKS SANTA(ノーラッド・トラックス・サンタ)」で飛行中のサンタを動画でみられるのですが、たしか過去に哨戒機とニアミスする映像があったような覚えがあり、ハラハラさせられる事もあります。

サンタのおもちゃの秘密

サンタのクリスマスプレゼントでおもちゃは公式サイトの情報では、「Santa’s Workshop ワークショップ」と呼ばれる秘密の作業場で、クリスマスエルフと呼ばれる妖精(エルフ)たちの手によって作られています。性質上、版権申請を受けて生産されているのでしょうが、つまりは巧妙なパチ物ではないでしょうか?

■ 見たことないのでわかりませんが妖精ってこんな感じだと思います?

プレステーションやスイッチなどのゲーム機器などの精密機器は、妖精のような謎の生物に生産する事は可能なのでしょうか?

中東国家の反応は?

世界中の全ての子供にプレゼントを配るという設定ですが、中東国家はどうなのでしょうか?
実際サウスパークでは、プレゼントを配るために中東に侵入したサンタが撃墜されて、イエス・キリストらによって救出されるというエピソードがあります。

■Red Sleigh Down サウスパーク公式サイト(英語のみ)

(C) 2015 South Park Digital Studios LLC. All Rights Reserved.

仮にサンタが実在するとすれば、あるサイトの計算によれば、サンタの最高速度は時速2万8000キロ、プレゼントは38万トンにもなるとされます。
ステルス性は皆無にしてもこの速度を迎撃できる兵器が地球上に存在するでしょうか?
38万トンを運搬できる性能があるとすれば戦略爆撃機と考えると危険な存在なのではないでしょうか?

中東に配るかは、クリスマス当日、公式サイト「NORAD TRACKS SANTA(ノーラッド・トラックス・サンタ)」にてチェックしてみると面白いですね。


Writing by サバミリ管理人
私の家にサンタが来たことはほぼ皆無です。

※一部の写真はイメージです

最新情報をチェックしよう!