掃海艇「のとじま」を見に行ったときの話

その日、早朝にもかかわらず、スマホが鳴りました。
最初は無視してましたが、数回もなり続け、根負けし電話を取ると・・・
「暇だろ。30分後家の前に行くから準備しな。」
有人にむりやり連れられて、約1時間後、新潟県長岡市の寺泊港に到着しました。

丁度朝日の光が見えて眩しくて車の中で起きると、目の前には海上自衛隊の船がありました。
それは掃海艇の「のとじま」。朝日に輝くのとじまはかっこ良過ぎです。

人も朝気温も高く日差しも暑いのに結構並んでいる人の列に、私は並び水分補給をしながらうとうと寝てました。
やがて時間になりのとじまの見学が始まり、のとじまに乗船しましたが無駄のない作りとシャープさで感激しました。

のとじまは「うわじま」型の性能を向上させた型の船で、海の機雷の高性能化に対処する様々な機能を備えた船だと自信に満ち溢れ隊員の方は語っていました。

情報処理の機械や機雷を高性能で探知する装置も見せてもらいました。
間近にみた20Mの機関砲は圧巻で、重厚感があり強力な兵器であると身震いしました。

最初は嫌でしたが見ていてもっと居たいなと正直思いました。
「のとじま」素晴らしい掃海艇でした。また機会があればゆっくりと今度は見学したいです。

yuki
コロナでイベントが軒並み中止、サバゲも思うようにできません。
なのでちょっと前のイベントレポート、2018年8月掃海艇「のとじま」を見に行ったときの話です。

eyecatch source: Vessel And Ships Photo Gallery Copyright (C) Vessel And Ships Photo Gallery. All Rights Reserved.

最新情報をチェックしよう!