ハイキングや登山に欠かせないアイテム10選

アウトドア

ハイキングや登山をする際に「何をしておけばいいんだろう」と思う人は少なくないと思います。
たとえ数時間だけのちょっとしたハイキングだったとしても、持っていくべきもの、準備しておくべきことなどの欠かせないことはあります。そこで簡単に10選にまとめて紹介したいと思います。

1. ナビゲーション

地図やコンパスを持っていきましょう。
ガーミンなどのデジタルのGPSもお勧めですが、値段が高い事と万が一のバッテリー切れを考慮すると、紙とコンパスは場所もとらず、かつ軽量なので必ず一緒に持っていくのをお勧めします。

また高度計もあれば自分がどこにいるのか地図上で探しやすくなるので良いでしょう。
紙の地図には濡れても大丈夫なカバーなどをつけておくことを忘れなく。

2. 帽子

帽子は必須といってもよいのではないでしょうか?
アウトドアでの帽子は、頭部を雨、風から守り、けがの防止にもなり、紫外線対策にも重要なアイテムです。

女性は特に日焼けなど気になる方が多いですが、男性も日焼けのしすぎは良くないので対策をしておいて損はないでしょう。帽子は日焼け対策だけでなく、熱中症対策にもなりますので大切です。

帽子ではありませんが、サングラス、日焼け止め、リップクリームなどを持っていくのもお勧めします。

3. 上着

どんなに晴れた天気でも一枚上着を持っていくのを忘れないようにしましょう。山の天気というのは変わりやすくく予測もし辛いものです。

乾きやすい生地で、季節やロケーションよって薄手からフリース、厚手のしっかりした物などをチョイスしてください。

4. ライト

必ず少なくとも一つは何かライトを持っておきましょう。

キャンプするのであれば、通常のランタン型が広い範囲が照らせるのでお勧めです。
以前はランプは燃料をつかっていましたば、最近では電池やバッテリータイプが主流です。
バッテリータイプはテントの中で使っても燃える事がないので事故防止にも有効です。

他にもヘッドライトは両手がフリーになるので便利です。
状況に合わせて光量を調整できる機能があるタイプがお勧めです。
バッテリーは電池と専用充電タイプがありますが、万が一の時でも入手が簡単な電池タイプが便利です。

またスマホのライトを使用するのは控えましょう。緊急時に役立つ大切な充電を奪うことになってしまいます。

5. 救急セット

量や内容は何人や行く場所などにもよりますが、救急セットを携帯するのをお勧めします。
最低限で、絆創膏、包帯か三角巾、消毒につかえるマキロンなどの薬品があると何かあったときに大いに役立ちます。

他には飲み薬として、バファリンや正露丸、虫よけスプレーもあれば便利でしょう。

6. コンパクトな調理器具

コンパクトで持ち運びの簡単なバーナーは持っていると便利です。
本格的な調理をするばかりではなく、カップラーメンなどの軽食や、頂上でコーヒーを楽しんだりするのにお勧めの一品です。

またマッチやライターは忘れずに持っていきましょう。
マッチはウォータープルーフのものを用意がおすすめです。

7. ナイフやハサミ

持って行ったリンゴを切るなどの調理といった、通常の使い方としても役に立ちますが、緊急時にもこれらの道具は役に立ちます。
ナイフは一本あれば、マキを割ったり穴を掘ったりする事もできます。

山やキャンプ場等のアウトドアの現場まで持ち歩きには十分注意が必要で、過剰に大きいナイフやサバイバル系のミリタリーナイフは要らぬ誤解をされる事もありますのでお控えください。

8. 栄養のある携帯食

登山やハイキングの途中でちょっとしたオヤツや栄養補給、遭難等の万が一の時やなど、何か栄養価の高いシリアルバーやチョコレートを持っておくとよいでしょう。

特に板チョコレートがお勧めで、明治のミルクチョコレートを例にすれば、1枚50グラム、約279kカロリーあり、お茶碗1杯分のご飯と同等の割に、軽量で持ち運び易く、賞味期限も長い為に非常食としては最高であると言えます。

9. 水

間違いなく必要となるものです。
荷物が多少重くなるというのも間違いないですが、多めに持っておいたほうが良いでしょう。

またフィルターなど真水に浄水にできる道具もいいでしょう。

10. 緊急用テント

もし緊急で一晩を過ごさなければならなくなった時に役立ちます。
かといって必ずしも持ち歩く必要はなく、行く場所や計画によって判断すると良いでしょう。

テントほどでなくても、シュラフ、最悪でサバイバル用の保温シートがあれば、なんとかなんとかなる事もあります。


Writing by れんこん
体力に特別自信があるわけではないですが、アクティブに動くことは大好きです。