MENU

海外の恐ろしい都市伝説エピソード10選

日本には様々な怖いエピソードがありますが、海外にも奇妙な伝説や恐ろしいストーリーを見ることができます。中には聞くだけでぞっとするような話もあり、時間をかけながらいろいろな形へとその姿を変えていきました。今回海外で有名な興味深いエピソードをご紹介します。

目次

舐められた手

夜、女の子は部屋で寝ていると物音で目を覚まし、周りが暗かったので手探りを周囲を触って確認しました。ベットの下には飼犬が寝ていて、いつもと同じように手を舐めてきたので安心して眠りにつきます。
翌朝犬は殺害されていて、何があったのか彼女は不安になっていると、あるメッセージに気づきした。そこには「人だって舐める」と書かれており、手をなめたのは実は侵入者だったのです。

後ろの男性

女性が夜一人で車を運転していると、後ろから車が近寄って来てライトを点滅させました。怖くなった彼女はスピードを上げますが、それでも追ってきます。
彼女は車を停車して、後ろの車を運転する男性にどうして追いかけてくるのか問い詰めました。彼は彼女を助けるためにとった行動で、実は彼女の車の後部座席にナイフを持った人がいて、ライトを点滅するとその人は身をかがめたそうです。

ブラックシュック

これはイギリスの田舎や海岸などをうろついている黒犬で、不吉な妖精が存在しています。見た目が大きくたくさんの毛があり黒妖犬とも呼ばれていて、古い伝承には教会に現れると2人殺害しました。
この犬を見ると死や病気などをもたらすそうですが、一方では旅人が道に迷っていると目的地まで導いてくれるとも言われています。

黒い目の子供たち

その子供たちは青白い肌をしていて、目は白い部分がなく黒目しかありませんでした。その正体は誰も知らず、超常的な生物とも言われています。家の前にいたり、ヒッチハイキングすることもあるそうです。
アメリカでは実際見たという人がおり、インターネットでより一層噂が広まりました。

ゴーストライダー

女子学生は卒業記念ダンスパーティに参加しましたが、男の子に振られてしまいました。ショックを受けたまま学校から家へ歩いている途中、彼女は車にひかれて亡くなってしまいます。
彼女は今もさまよっていて、送ってくれる人を探しているそうです。車に乗せても、ある地点に来ると消えると言われています。

ホワイトストーリー

女性は生きることが辛くなってしまい、自ら命を絶ちます。数日後彼女が現れて、自分の家族を殺害していきました。この話を聞いたすべての人を彼女は見つけ出し、部屋のドアをノックします。
音が大きくなって我慢できずに開けると、部屋に入って殺害するそうです。つまりこの文章を目にした人も対象に含まれるという怖さがプラスされています。

バラの花嫁

中世ヨーロッパの時代、若いエリザという女性がいて、野ばらよりも美しかったそうです。ある男性が彼女を好きになり、3日間デートすることになります。最初の日、彼は彼女の自宅を訪れました。
次の日、彼は彼女にあげようとバラを1本購入し、川岸で会ってくれるようお願いします。3日目、川岸にやって来た彼女を彼は殺して川に落としました。その後、川岸をさまようバラを持った彼女を見た人がいます。

ブラッディマリー

女性が蝋燭と鏡を持ちながら階段を後ろ向きで上がると、未来の配偶者がどのような人か見ることができました。代わりにマリーが現れると、自身の死が近づていることを予見するそうです。
蝋燭の明かりだけがある部屋で、鏡の前でマリーの名前を唱えると彼女が現れるようになり、夜中になると名前を言った人を傷つけるとも言われています。

電気をつけなくてよかったね?

女子大学生2人は寮で一緒の部屋に住んでいて、一人はデートに誘われました。彼女は夜中に寮に戻り、同じ部屋の友人が熟睡していたので起こさないように寝ます。
朝目覚めると友人は血だらけで亡くなっていて、壁には血で「電気をつけなくて良かったね?」とありました。この話は「ルームメイトの死」と似ていて、おそらく話の派生ではないでしょうか?

ルームメイトの死

女性が女友達と暮らしていると、ある夜帰るのが遅くなってしまいました。彼女は友人に気をつかって、起こさないよう電気をつけずに暗いままで寝ることにします。彼女が翌朝目覚めると部屋には血まみれの友人がいて、「電気を付けなくて良かったな」という血のメッセージがありました。
彼女が帰宅する前に殺人が行なわれていたことを示していて、実は犯人は部屋に潜んでいたのです。電気を付けていると彼女も巻き込まれていたかもしれません。

最後に

世界にはこれらのエピソードに類似した内容のものが多数存在していて、基本的なプロットが同じでもシチュエーションが違ったり、脚色されたものが多いです。
日常においてまことしやかに語られており、中には実際にあった物事と関係していて日常に潜む恐ろしい一面を感じることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次