風でも嵐でも子供連れでも!常設テント泊とは?

みなさん、キャンプするときにはどんなテントで寝ていますか?

待ちに待った楽しいキャンプ。理想では燦々と降り注ぐ光の中、みんなでワイワイお酒を飲みながら時間を過ごして夜には炭火を囲み、喧騒から離れた星空の下、しっとり長話をしてぐっすり眠る…そんな想像をしているでしょう。しかし、必ずしもそうではないときがあります。昼間は燦々と晴れていたけれど、夜になると大嵐になりテントも転がっていき、楽しみにしていたトランプも吹き飛ばされるというほうほうのていで車に逃げ帰るということもあるでしょう。(ライターの実話です)

自分のテントで寝ることも素敵ですが、私がおすすめしたいのは常設テントです。

キャンプ場によってはあるところとないところがありますので、行かれる前にホームページ等で確認が必要になります。

常設テントの良いところは既に設営してあるため設置も片付けもいらないです!テントを使用すると、干したり拭いたりの作業が結構大変だったりしますよね。テント分の荷物も少なくなり、余分に他の荷物を詰め込めます。常設テントは大きくて広いことが多く、家族で寝ても余裕があって広々使えます。また土台もしっかりしてあるので強風や雨が降ってもびくともしません。

私が以前利用したことがある石見海浜公園キャンプ場では、常設テントの中に前室があり、そこに食品などの荷物が置けるので便利でした。食品などの外に置く場合はカラスなどに狙われ、朝起きたら生ゴミだらけになっており、泣く泣く片付けを行わなければならない…ということがありませんので安心です。

ここまで常設テントのおすすめポイントを書き連ねていましたが、悪い点も書いておきます。

まず、人によっては汚いと思うことがあるかもしれません。前回使った方や管理人の方が掃除はしているとは思いますが、常に設置されているためにどうしても汚れはついてきます。誰が使ったかわからないから嫌だという人にはおすすめはできません。また、やはり常にそこにあるため、時々虫が入っていることがあります。一番最初に使う前に虫がいないかを確認して使わないと夜中にコンニチハしてしまう可能性もあるため、虫嫌いの人もおすすめはできません。最後に、せっかくキャンプに来たんだから自分のテントを立てたい!という方にもおすすめはできません。

良い点と悪い点を書きましたが、常設テントをおすすめできる人は、サクッと手間なくキャンプがしたい方、小さい子供がいてテントを建てれる余裕がない方、急な雨などでも安心してキャンプしたいという方などです。

今年キャンプに行かれる方はぜひ参考にしてみてください!それでは楽しいキャンプを!


Writing by さき

小さい頃から山やキャンプや無人島に連れて行かれ、たくましく育ってしまった女子です。

※写真はイメージです。

最新情報をチェックしよう!