ヴァリアント・アーマーを駆って戦場を進め!「パワード ギア」

さて今回は筆者の思い出深いアーケードゲーム。1994年にカプコンから発表され、異色の作品とも言える、カプコンのロボットモノのベルトスクロールアクションゲーム「パワード ギア」を紹介したいと思います。

目次

ゲームのあらすじ

このゲームのストーリーは、戦火へと包まれるライア星で、復讐を誓い自身をサイボーグ化した、元ライア公国軍アズラエル大尉率いる反乱軍を迎え打つべく、地球連合政府は最新鋭機動部隊を派遣。

ジェフ・パーキンス中尉、レイ・ターナー大尉、グレン・リード少佐、サラ・ホワイト少尉の4人が、ヴァリアント・アーマーと呼ばれる人型機動兵器を操作し、アズラエル大尉の反乱軍へと挑むといった、往年のロボットアニメのような展開で進んでいきます。

ゲームの特徴

このゲームの特徴は、戦闘中に倒した敵のヴァリアント・アーマーからパーツを奪って装備する事。
これにより様々なパターンの自分オリジナルのヴァリアント・アーマーが作れると、モデラーの心をくすぐる仕様に加え、その装備にドリルや巨大なアームなど、ロボットアクション好きな往年のファンの心理をしっかりと押さえており、ヴァリアント・アーマーを自分のカスタマイズできる事に、このゲームの面白さが詰まってもいました。

ステージによっては、その装備の特性が合わず痛い目にあってしまう事もあり、いかにあったパーツを装備し、攻撃力か起動力かを取るのかと悩みどころもあります。

間違いなく、このゲーム作品に携わったスタッフは、ガンダムやボトムズのファンなんだと思える様な、ロボット愛に包まれた「パワードギア」は、ミリタリーロボット好きな人達を満足させてくれる名作でもありました。

イバ・ヨシアキと申します。
ゲームセンターに通っていた時代……私は、格闘ゲームより、ガンコン仕様のシューティングゲームにハマっていました。「タイムクライシス」「バーチャコップ」と、拳銃を片手に撃ちまくったライターですが、宜しくお願い致します。

POWERED GEAR (C) CAPCOM Co.,LTD. 1994

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

感想をお気軽にどうぞ

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる