ゲーセンで遊んだ「プーヤン」

昔、近所のゲームセンターによく遊びに行っていたものです。
まあゲームセンターに行くのは不良に襲われると、親から注意されていましたが、ファミコンとは違うボリュームのあるアーケードゲームにいつも夢中になっていたものです。

今回は、そんな筆者の懐かしのアーケードゲームである固定画面シューティングゲーム「プーヤン」を紹介したいと思います。

大雑把なストーリーを紹介すれば、悪いオオカミの集団にさらわれてしまった子ブタのプーヤンを助けるため、母ブタが弓矢で悪いオオカミの集団に挑んでいく童話のような雰囲気のゲームです。

一見すれば愛らしいキャラクターで、なごむような雰囲気を感じますが、シューティングゲームとしては、実に高度なゲーム性、その雰囲気とは違い、人気を呼び長蛇の列を作り、ハイスコアなどの挑戦者が多く挑んだ名作でもあるのです。

何せこの「プーヤン」を監督したディレクターは、後のカプコンの名作シューティングゲームを幾つも排出する事となる、あの「戦場の狼」「魔界村」の生みの親である藤原得郎氏が関わっていたのです!

(C)1982 プーヤン konami

ステージは非常にシンプルになっており、プレイヤーの分身である母親ブタは右端にてゴンドラに乗りながら、上下に移動しつつ、風船で地上に降りようとするオオカミの集団を迎え撃ちます。

襲い掛かってくるオオカミ達のパターンは、谷から風船で降りつつ、母ブタのゴンドラに岩を投げつけて攻撃してきます。
アタリ判定は母ブタのみにあり、ゴンドラに当たっても岩を弾くので上手く使えば戦略の幅が広がります。

弓矢で迎撃するのが目的となりますが、もしオオカミを一匹でも逃してしまうと、画面右端の梯子を昇り、座標の合った母ブタを襲いかかるようになり、移動範囲を狭めてしまいます。

ステージ2では、オオカミ達が風船で上昇し、谷?の上に到達し、一定数に達すると大岩をゴンドラに落され残機を減らされます。実に手汗握る攻防戦が繰り広げられるゲームでもありました。

時折に入る必殺アイテムの骨付き肉を使い、それにつられて落ちていくオオカミを一網打尽にするか、またパワーアップアイテムなどのフルーツやキャラクターなどを逃さずに撃ち、ゴンドラの速さを挙げれば、弓矢の速度が上がると、様々な戦略を練りながら、高得点と稼いでいく事に夢中になったものです。

ただこのゲームをやる際、母親ブタを吊るゴンドラを操作する仔ブタの姿が可哀想だったと記憶にあります。
子どもを救うためとはいえ、家族総出てオオカミに挑むと、今考えれば切羽詰まった状況だったのだと、ブタの親子たちの切迫さなどを気にせずに、オオカミを落とす為にゴンドラを揺らしていた筆者は非常に不謹慎でした。

そんな思い出深いプーヤン・・・もうあの筐体を見かける事はありませんが、コミカルに動くシューティングは、色褪せない想い出です。

イバ・ヨシアキ
小学生の頃、月のお小遣い2000円を一瞬でゲームセンターに溶かしてしまう困ったライターですが、宜しくお願い致します。

(C)1982 プーヤン konami

最新情報をチェックしよう!