入隊前には知らない意外な事がある

入隊前には知らない意外な事がある・・・
自衛隊に入隊し入隊式前に制服が衣のう(入れ物)と短靴(ブーツ)ともに支給されます。
ここで結構困るのが、アイロンがけと裁縫。

自衛隊には作業服と制服があるのですが、作業服は海上自衛隊の場合青い繋が支給される。ちなみに階級章とは肩のとこについています。
平仮名のくににているマークを色で階級が解るようになっています。この階級章が派手になって行く程偉い人になります。

作業服はボタンで階級章を装着する事ができるのですが、制服の場合裁縫で縫わなければならなりません。
この位置をしっかいり基準通りしないと、班長(ニ曹、三曹)から厳しく叱責を受けたり、剥がされる羽目になります。
出来ないと夜中までやらされ、人によっては朝方までやらされた学生もいました。

と同時にアイロンがけを制服にしなければなりません。アイロン台とアイロンは限られかなり大変。
お勧めなのが、ジャパネットで簡単アイロンとかが売ってますので是非購入しましょう、非常に助かる筈です。

入隊式にしわがあったりすると、正直おかしな班長と縁があった場合場合によって鉄拳制裁という事になります。
それに短靴。靴墨を持っていきましょう。これも汚いと班長から叱責受けます。

さてなぜこれほどにしなければならないのか?軍隊という所はこうやって軍人を紳士にしていくという事になります。
だらしない恰好を国民に晒すという事は、しいては分隊長、あるいは基地の総司令官あるいは偉い人大臣などこうした人に恥をかかせる事になります。
こうした事はもっとも由々しき事態で、弔銃式など機敏な動きと制服の清潔感はかかせないのです。


匿名希望
三か月は苦労しますよ
最新情報をチェックしよう!