MENU

復習を兼ねて語っていきたい「プレデター」

今回紹介したい映画作品は、「コマンドー」に「ターミネーター」などで戦う筋肉男として有名なアーノルド・シュワルツェネッガーの主演作「プレデター」です。
1987年に公開されたSFアクション映画として有名で、今更に説明が要るのかと思われる方もいると思いますが、筆者のミリタリー心をくすぐってくれた名作映画なので、復習を兼ねて語っていきたいと思います。

目次

あらすじ

物語は南米のとある国にて行方不明になってしまった政府要人を救出する為、CIA指揮下でアラン・ダッチ・シェイファー少佐が率いる特殊部隊が、ゲリラの潜む敵陣へと向かうところから始まります。
しかし、そこにあったのは吊るされ皮を剥がれた戦友の遺体でした。

ゲリラがやったのだと敵討ちを兼ねたゲリラ掃討作戦が行われるのですが、実はこの任務は要人救出ではなく、CIAの極秘作戦だったのです。

利用されたことに憤るダッチことシュワルツェネッガー。
戦友は殺され、自分たちは政府の使い捨ての道具だという事に憤慨していると、何かの視線が・・・何者かが見ている。
見張られている違和感を感じながら、ヘリの回収ポイントへとジャングルを進んでいくダッチ達。
その後を追うのは、地球外から訪れたエイリアン・プレデターであることを知りません。

と、物語の大まかなあらすじはこのようになっていきます。

この作品の魅力


筆者は、この作品を見ていた時は、ランボーやコマンドーの様な軍隊アクションかと思っていたのですが、後半でその予想を覆されてしまいました。
特殊部隊のメンバーが、一人、一人と、謎の敵に駆られていくシーンは、今も衝撃的な印象があります。
何者なのかと視聴に夢中になっていく中で、その正体が、人間ではなく、別の星から来た異星人・プレデターと、その姿を現したときは、まさに衝撃的でした。

この作品は、そんなプレデターの恐ろしさもさるのですが、筆者が一番に惹かれたのは、バルカン砲「7.62mmミニガン」の存在でした。劇中で、俳優・ジェシー・ベンチュラことブレイン・クーパーが持っていたその武器、問答無用の弾幕でゲリラたちを瞬殺していく姿が圧巻です。

無論、プレデターの恐ろしさも忘れてはいません。

何処かエイリアンを思わせるのですが、知性的に戦うのが恐ろしい。
犯罪組織やテロリストを単独で倒し続けた無敵の男の印象のシュワルツェネッガーが悪戦苦闘する。

プレデターを倒し自爆から逃れ、全身を灰に塗れさせながら、ヘリで眠り込んでいくダッチの姿に死闘が終わったと、安堵を覚えて見終わったものです。
後の作品もかかわってくるプレデターは、いまも鮮烈な印象を与えてくれる映画です。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥3,286 (2022/08/11 19:57時点 | Amazon調べ)

密林や森の中が苦手です。
いつか一人キャンプをしたいと思うのですが、野外は無理なライターですが、よろしくお願いします。

プレデター (C) Twentieth Century Fox Home Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次