奇跡の発売?HG 1/144 ガンダムプルトーネを素組みしてみた。

プレミアムバンダイから発売されたガンプラ、HG 1/144 ガンダムプルトーネを素組みしてみました。

ガンダムプルトーネは「電撃ホビーマガジン」に連載されたショートストーリー「ガンダム00P」に登場したモビルスーツです。ガンダム00Pはガンダム00シリーズ外伝の前日譚となります。

設定上はガンダム00の一期に登場したガンダムナドレの祖先にあたる機体とされていて、シールドとライフルの形状と全身のケーブルなどにデザインの系譜が見て取れます。

ただしこの機体はガンダムナドレの持つトライアルシステムは持っておらず、GNフィールドのテストなどを行ったもので、太陽炉を保護するためのコアファイターシステムも搭載されていますが、ガンダムナドレがガンダムヴァーチェの装甲を着込むようなシステムはありません。

キットのポリキャップはガンダム00の時期のものと同一のものが使われており、関節パーツは最新のKPSとなっています。また、ケーブルのパーツは軟質樹脂となっています。
おそらくMGのガンダム00シリーズやRGのガンダム00シリーズのホログラムによるケーブルを置き換えるという改造はデザイン的にも可動的にも不可能と思われます。

ガンダム00シリーズのキットに多く採用されるクリアパーツはこのキットではグリーンになっており、塗装が苦手でも再現しやすくなっています。

目はシールでの再現となっており、色分けの再現度は非常に高いですが、角部分の赤い塗装(シールあり)、首周りのグレー(シールなし)、頭部のケーブル(シールなし)と同じ色の部品は塗装が必要です。また、コアファイターは部品の組み換えで再現されており、羽根部分の可動もできるようになっています。

武器はビームライフル、シールド、ビームサーベルが付き、平手もついてくるのが嬉しいです。なお、このキットはガンダム00シリーズの久々の完全新規機種となっています。
他のガンダムとは外見の共通部品が手首などごく一部となっており、色違の期待のブラック仕様の登場の可能性はわずかにありますが、このキットの部品を流用して別のガンダムが登場するということはありません。

最新情報をチェックしよう!