レインボーシックスシージ プラチナへの道

シージもセールなどを用いて投げ売りしているからか、人口も増えてきました。嬉しいですね。
さて、みなさんのランク帯は如何程でしょうか?ゴールド帯から上がれない!って人も多いと思うので、そんな人たちに向けた記事を書いていきます。

ゴールド帯からプラチナ帯に上がれないワケと解決策。

連携が取れていない

これはシージをやる上で最も重要なスキル。言い換えれば協調性です。
仲間が何をしているのか?どこを攻めたいのか?オペレーターはなにを使っているか?これを踏まえたオペレーター選択や立ち回りを心がけましょう。

単純なエイム力

これはもうテロハンを回せ!としか言えないワケですが、テロハン以外にもエイム力を向上させる術が2つほどあります。まず一つはカジュアルマッチにおける無理なリスキルです。

これを敢行し、必ずヘッドに入れるという勢いでいきましょう。次に1on1です。友達やゲームフレンドと1on1でエイム勝負をひたすら続けます。もしよかったら一度お試しください。

ピークポイント

みなさんはピークする際なにを考えてますか?敵がいそうだなーとかいたらいいなーとかそんな感じだと思います。しかし、プラチナ帯以上になれば、そんなピークポイントさえも考えて撃ってきます。「は?なんでいるのわかってんだよ」とか「ドローンも入ってないのにわかるわけねーだろ」と思ってモニターをぶち壊した経験があるはずです。私はあります。

ですが、彼らはチーターでもなんでもなく、マップ研究を怠らない単なるマジメ君なのです。
マップ研究(最初はプロリーグ視聴)を進めていけば、どこに敵がいるかおおよそ見当がつきます。芋ポイント、強ポジがわかるってわけですね。それを元にキメ撃ちをしてくるので、頭の中はかなりロジクール(激寒)ってことです。
ですので、ピークポイントをしっかり考えた上でキメ撃ちやクリアリングをすることがプラチナ昇格への大きな足がかりとなります。

ドローニング

ドローニングとは、文字通りドローンの動かしかたです。
私もたまにゴールド帯と戦うのでわかりますが、彼らはボム部屋にドローンを特攻させることがしばしばです。
しかし、ドローンというのは、防衛側で言えばヴァルカメやイーヴィルアイです。これを特攻させてしまうのはもったいないです。

ですので、ドローンはなるべく自分がエントリーしたい場所に忍ばせて、エントリー後に回収し、索敵に使う。これが理想形です。
これを心掛ければ、エイム力は別としてまず芋ヤロウや遊撃ヤロウに負けることはないです。

おわりに

以上の事項を意識すれば、ランク帯もある程度変わってくるかなと思います。ゴールド帯向けに執筆しましたが、ゴールド未満も同様です。
それでは、楽しいシージライフを。GLHF!

(C) 2015 Rainbow Six: Siege. Ubisoft Entertainment.All Rights Reserved.Tom Clancy’s, Rainbow Six, The Soldier Icon, Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.

最新情報をチェックしよう!