私の印象に残った珍銃

■ スポンサードリンク


歴史上、技術や発想を駆使して様々な銃が開発されていきます。
そのなかでもとりわけ可笑しい珍銃を紹介します。

ダックフットピストル

「ダックフットピストル」この銃は19世紀に開発された、形状が「アヒルの足」に似ているのでこのような名称がついております。

複数の相手を倒すのに有効なように銃身が4つもついているというのが、この銃の利点なのですが、しかしいざ戦闘になると、正面を向いた相手に着弾できる銃口がなく、正面にいる相手には効果がなかったという、本末転倒な欠点のあるピストルです。

その使い勝手の悪さからなのかFPSやシューティング等のゲームで、ほとんど見かけることがなく不遇な銃だと思います。バイオハザードやグランドセフトオートなどで、使い勝手の悪いネタ的な武器として登場させても面白いのでは?と思うのであります。

ちなみにこれと同じ発想の銃が、架空のステージガンとして、日本の時代劇「三匹が斬る!」で悪代官が17連装火縄銃として使用され、他にも漫画で、山口貴由先生の作品「衛府の七忍」で「チェスト種子島」のセリフと共に18連装斉射銃が使用されました。

(C) 衛府の七忍 山口貴由 チャンピオンRED 秋田書店

八連発式火縄銃であれば、実物が熱海にある「熱海城」に展示してあり見学ができるようです。(17/11月現在で未確認情報です)

驚きの八連発式火縄銃 * Heavy firegun -youtube


Writing by TM
FPSゲームをよくプレイします。

icon image:  Flintlock “Duckfoot” 4-Barrel Pistol, 1780

■ スポンサードリンク