大正ロマンに燃えた!!サクラ大戦

今回紹介したい作品は、1996年にゲーム業界に震撼を落とした名作シミュレーションゲームこと、ドラマチックアドベンチャーゲームと言うジャンルを確立した「サクラ大戦」を紹介したいと思います。

この作品は簡単に説明すれば、恋愛ゲームとシミュレーションゲームがミックスされ、アニメーションで物語が進む、アニメーションゲームとして発表されたゲーム作品です。

舞台となるのは、架空の時代となる太正十二年の日本が舞台となります。
主人公となるのが帝国海軍士官学校を首席で卒業した、優秀な新任少尉である大神一郎。

(C) サクラ大戦 SEGA

本来ならば海軍の軍人として活躍する筈でしたが、日本の財政界の大物である花小路頼恒伯爵によって、彼は秘密部隊「帝国華撃団」隊長として就任してしまいます。

華の街である首都・帝都東京の銀座にある帝国華撃団本部へと向かうも、そこは秘密部隊ではなく、少女劇団「帝国歌劇団」で有名な「大帝国劇場」だったのです。

海軍士官から大帝国劇場の雑用を任されてしまう事になった大神。

(C) サクラ大戦 SEGA

でも帝国歌劇団は表向きの組織であり、その正体は「霊力」を宿した兵器を使い、帝都東京の平穏を脅かす魔の存在である「黒之巣会」に立ち向かう秘密部隊「帝国華撃団・花組」だったのです。

帝都の平和を守る為に戦う事となる大神と花組の美少女達。

はたして帝都の平和は守られるのでしょうか?

(C) サクラ大戦 SEGA

──と、物語は、大正浪漫の溢れる時代が舞台となる架空の日本世界を題材にしており、ゲームは選択肢によって話が変化するアドベンチャーパート、つまりはコナミの「ときめきメモリアル」のような恋愛シミュレーションで、華麗に劇場の舞台を彩る歌劇団の女優達と会話をしながら好感度を上げていきます。もちろん選んだキャラクターによってエンディングが変化します。

(C) サクラ大戦 SEGA

そして戦闘は、四角いヘックスのターン制のウォーシミュレーション。そのなかに配置された、蒸気と霊力を動力にして動くスチームパンカーも垂涎ものの戦闘メカの霊子甲冑「光武」や「神武」を操作して、合体技などを駆使して敵を倒していきます。

(C) サクラ大戦 SEGA

ミリタリー要素もありつつも、キャラクターの恋愛を楽しめる内容、シミュレーションゲームの要素も備えていると、実に充実したやり込み要素もあり、やりごたえのあるゲームで、当時は夢中になってプレイしたものです。

架空の歴史世界を堪能しながら、戦いの中で芽生えていく恋愛模様など、男の匂いがするミリタリー色が濃い中で、潤いを求めつつシミュレーションを楽しめる今作は、ミリタリー趣味のある人を和ませてくれる名作とも言えます。


Writing by イバ・ヨシアキ

サクラ大戦を購入するが為、セガサターンとドリキャスを購入する為、短期アルバイトをしたのは・・・もう昔の遠い想い出ですが、あの手に入れた喜びは未だに忘れる事が出来ません。

 

最新情報をチェックしよう!