無料物件についてきた笹薮から聞こえる声

無料物件についてきたおまけ・・・それは、笹薮。

いつか都心を離れて、のどかな田舎に住みたいと考えていた。最近は無料物件もたくさんあって、条件はそれぞれ違う。
定年退職まえの2年のあいだに、終のすみかを探した。

目次

のどかな山間の里

山梨県の山に囲まれたのどかな山間の里、築80年はそれほど古くは感じない。少しリフォームすれば暮らせる。
庭付きと図面にはあったが、家のまえは雑草が生い茂る、いかにも放置された土地がある。
雑草を刈ればいい土地になる。

裏には笹薮がある、背の高い竹は山肌に張り付くように生えているが笹薮は腰丈ほどで、屋敷の裏側を塞ぐように生えている。
この場所に日除けをつくり、小さな池に魚でも飼えばいい。

他にも幾つか物件を見て歩いたが有料物件も含めて、ここに決めた。
妻と2人ののどかな田舎暮らし、多少偏屈だと思われても周囲とはできるだけ関わらず、静かに暮らしたい。

ある晩のこと

ある晩、妻が奇妙なことを言い出した。
「あの橋のたもとの雑貨屋に双子が授ったらしいの。」
「でも、この村では双子は縁起が悪いから、お産婆さんが、産まれた赤子のひとりの口をそっと塞ぐらしい。」
「でも、今回はよそから来た気が利かない若い産婆で2人が産まれて来たんだって」

どこで仕入れて来たのやら、私はため息をついた。
「関わらないことだ」
よそ者が噂話なんて、首を突っ込むものじゃない、本来なら聞き捨てならない話だ。

「ねえ、ねえ、あなた。」
「あそこでよく釣りをしているお年寄りが亡くなったそうですよ、夜中にこっそりと網を打ったのを土地の神様に見られて、川に引きずり込まれたんですって」

台所の椅子に座って、なんでもないことのようにこんな話をする。
「おまえ、どこから仕入れてくるんだ」
「だって、ここに座っていると、聞こえて来るの、ほら」

どこから知ったのか?

妻が口元にしーっと指をあてた、ザワザワと裏山に風が渡る音がする。
妻は立てた指を外さない。
しばらく風の音に耳を澄ますと、微かにボソボソとささやく声が聞こえる。

『おおばらのむねおさんの嫁は困ったものだよ』
『学校の若い先生を家に引き込んで、仲良くやってるらしいよ』
『そんなら近々駆け落ちと洒落込むんじゃないか』
風の音に混じり途切れ途切れに聞こえてくる。

「ね、誰が話しているのかしら、見に行くわけにもいかないでしょ」
私は翌日、裏の笹薮にもぐった。
小さな石積みの祠を見つけ、お酒と、饅頭を備えて、そっとしておくことにした。

「誰かがお備えものをしたんですって、喜んでるみたい、笑い声で賑やかだったわ」
妻は、裏山で近所の誰かが噂話に興じていると思い込んでいる。

竹藪は

なれてしまえば、無料物件にはすごい恩恵がついていた。
『あそこの子が行方不明のだって、なにをやってるんだか、足を滑らしてひと晩、崖下にうずくまったままだ』

私は家を飛び出して崖下を見て回り、夕方、7歳ほどの女児を見つけた。
警察に連絡して、背負って山道を下り、ついでに病院まで運んだ。

女児は遊んでいて崖からすべり落ちただけ、軽い捻挫と打撲ですんだ。
私は山菜取りをしていたことにした。

裏のガラスを防音のアルミサッシに変えた、妻が噂でもしたら大事になる。
私はあずま屋を作り、池を眺めながら、ゆっくり老後の楽しみに興じている。

※画像はイメージです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる