サバゲー初心者女子がサバゲしてみた

サバゲ初体験の自称女子サバゲ-マーです。
先日、山林型のサバイバルゲームフィールドでゲームに参加しました。まわりでサバゲーする女のコって意外にいないから、参加するチームも男性ばっかりだったらどうしようって思いながらも、興味があったので参戦してみました。

サバゲーに初参加だけど、初心者だからってチキンにならず撃ちまくるつもりでしたが、でも実際には、そんな簡単にはいかないものです。

目次

装備品について

装備だったり、エアガンとか、何を準備すれば良いのか分からずにいたのですが、参加を促してくれた方がエアガンとかは準備してくれたから、基本は動けるカラダがあれば問題なしでした。

ただ、迷彩服を着用すべきかという葛藤はありました。いかにもサバゲー初心者にありがちなコテコテな衣装になる気がして、自分はマウンテンパーカーとGパンとトレッキングシューズって出で立ちです。
ただびっくりするくらい、周りの人たちは迷彩服を着ていて、しっかり山林に馴染んでいましたのが印象的でした。

サバゲーもスポーツ化しているから、体験してみて思うのは、フィールドによっては軽量な服装のほうが動けることが分かるし、小柄な体型が得をします。
実際、私は尻がデカイ、カラダがデカイから標的にもってこいで、俊敏さがないとツラい状況でした。

参戦してみて、ゴーグルの存在感が有り難く感じました。何を言うのかと思うでしょうが、目をしっかりとガードしてくれてケガなく終えられたのは装備のおかげです。本当に、ここは戦場ってイメージできるくらい、敵からの銃弾が襲いかかるし、容赦なしです。

マスク一体型が理想かなって思うのは、やっぱりガタイがデカくっても女子なんで、跡になるとお嫁に行けなくなります。体温が上がるのも分かるし、息遣いが近くで聴こえたり、戦場ってこんか感じなのってビビリました。

初参戦の感想

参加した皆さんはとっても親切で、まったく知らない間柄なのに話かけてくれたりもして楽しかったです。

プレイヤーとして初参戦した結果は、やっぱりチキンでした。一発も撃てず、ただ隠れて仲間の様子を伺ってただけです。
だって、フィールドにも慣れていないし、マップを見ても広すぎて、敵の位置も全然掴めず仕舞い。

そうした獲物は狙われて当然で、後ろからまわりまわって来られて、ヒットされてしまいました。
それでも、めちゃめちゃ楽しかったです。もっと戦略練らねばって思ったのです。

※画像はイメージです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想をお気軽にどうぞ

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる