名優「アル・パチーノ」主演の映画「スカーフェイス」のお勧め

今回紹介する作品は、名優「アル・パチーノ」主演の映画である1983年に公開された、ギャング映画「スカーフェイス」です。
この作品はキューバからアメリカに亡命した青年トニー・モンタナが、暗黒街のマフィアとなり、コカインの密売でのし上がり、栄華を極めていきますが、最後は全てを失い自滅していくと、悪の成り上がりと転落を描いたピカレスクロマン作品でもあります。

舞台となるのは1980年代のアメリカ。
チェ・ゲバラによって革命が起きたキューバから追放されてしまったトニー・モンタナは、フロリダ州マイアミへと訪れます。過去の犯罪の素性によってアメリカでの永住権が認められず難民として隔離施設へと収容されていた彼。後の盟友となるマニー・リベラと共に、マイアミの麻薬王であるフランク・ロペスの依頼で、元キューバ政府職員であるレベンガの殺害を依頼される事から、彼の人生の転機は始まります。

無事にアメリカ国民になるも、その日暮らしの極貧生活に嫌気がさし、裏社会で成り上がる事を決め、彼は麻薬王フランク・ロペスの右腕的存在であるオマール・スアレスの下で、様々な犯罪に手を染め、悪事を行っていきます。
殺人に麻薬密売と、暗黒街でその名を売っていくトニー。
弟分のマニーと共に、順調に組織で地位を獲得し、ボリビアに麻薬王ソーサの取引へと向かうオマールと共に派遣される様になります。
麻薬購入に対して慎重になるオマール。でもトニーは、成り上がりのチャンスと独断でソーサと取引を交わしてしまい、邪魔なオマールを殺害してしまいます。

それを知ったフランクは、トニーを殺害しようとしますが、暗殺者に狙われるも、寸前のところで一命を取り留め、復讐へと走るトニーは、フランクを殺害し、マイアミの麻薬王として君臨する様になります。

全てを手にして、巨万の富を得て、全てを手に入れた彼ですが、家族は彼が麻薬で設けたのだと知り、母親は彼を軽蔑し、また妹のジーナが麻薬に犯され、思い描いていた幸福とは違う現実に悩み、逃避する様に自身も麻薬を利用する様になります。
やがてマニーと、ジーナの秘密を知り、衝動的にマニーを殺してしまい、その事でジーナに殺されそうになりますが、そんな中で、彼と敵対する麻薬密売組織が豪邸へと襲撃し、妹は無残に殺されてしまいます。

妹の死と、自分に向かってくる殺し屋達。
ここまで成功した人生を壊されてたまるかと、アサルトライフルを片手に応戦するトニー。

群がるギャングを次から次へと皆殺しにしていくも多勢に無勢、ついには追い詰められ、後ろに迫っていた殺し屋に背後からショットガンで撃たれ、その人生は幕を閉じてしまいます。

悪へと成りあがり、贅の全て極める事に成功したトニー。
でも彼は何も手にする事が出来ず、すべて壊れ果ててしまったと、悲惨な最期を迎えていく最後のシーンは、圧巻であるも、無情の虚しさがあります。

アル・パチーノの演技もさることながら、暗黒街で生きる成り上がり達の虚しき最後を映した今作。
マフィアやギャングの裏社会を知り得る楽しめる内容となっています。

出演:アル・パチーノ, 出演:スティーブン・バウアー, 出演:ミシェル・ファイファー, 監督:ブライアン・デ・パルマ
¥973 (2022/04/10 17:17時点 | Amazon調べ)

イバ・ヨシアキと申します。
敵に追い詰められて絶体絶命の際、敵と自爆覚悟と、一人では死んでなるものかと、バトルフィールド5の対戦で追い詰められたら特攻するライターですが、たいがいは返り討ちされてしまうので、宜しくお願い致します。

スカーフェイス(C) 1983 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想をお気軽にどうぞ

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる