「どうした?」
朝、ベッドの中で目を覚ますと彼の顔が目に入る。
私よりも二十は上の彼。歳の差カップルと言うやつだ。
そんな彼が心配そうに私の顔を覗き込んでいた。
「うん……」
上半身を起こし、なんとなく額に手をやる私。
何かが這うような感触があったから。
「ひどい汗だ」
そう言って、彼の手も額にあたる。どうやらはっていたのは汗らしい。
手を見ると洗ったかのように水が――汗がついていて。

「……夢を見たの。
夢の中の私はびっしょりと水にぬれていて、とても寒くて震えていた。
私を温めてくれるはずの手はなくて、必死に伸ばした私の手を掴む手はなくて……」
肌寒さを感じて自分の体に腕をまわす。
彼はすぐにエアコンのリモコンで暖房をつけてくれる。
「カーテンも開けようか。
朝日を浴びると良いよ」
「ん……ありがとう」
ベッドから降りて言った通りにカーテンを開けてくれる。
稜線から姿を見せた太陽が目に入り、少し瞼を降ろす。
太陽……そうだ太陽。

夢の中で、空には太陽があるのに、太陽は私を焼く程に輝いているのにそれでも寒くて冷たくて。
「私……は、泣いていたの。誰かに届くように精一杯泣いた。
けれども私の声に向けられる耳はなくて。
それどころか誰かは、あの人は笑っていた。
私を手放して笑っていたの」

その美しさの前に私は何も出来ずに。
私もベッドから降りて、窓から家の外を眺める。いや、外と言うよりもすぐそばにある湖を。
湖畔の一軒家。そこから見渡せる景色が気に入って買った家なのに……今は湖が怖い。
「そうだ……」
あの湖だ。あそこで夢の中の私は泣いていたんだ。
「……私、ちょっと散歩して来るね。気分転換」
「一緒に行くよ。心配だ」
「……ありがと」
寝間着から外行きの服に、カジュアルだけれど動きやすいパンツルックに着がえた。
彼も着替え終わったから靴を履いて一緒に玄関を開けて外へ。途端香ってくるのは新緑の香り。耳に入ってくるのは湖のわずかな波の音。

私と彼は横に――私が右、彼が左――並んで歩きだす。緊急時私の利き腕である右が使えるように、と言う彼のこだわりの並び方だ。
「……静かだな」
「まだ六時半だもの。みんな寝ているか料理中じゃないかな?」
「そうだな。
ボートにでも乗るかい?」
「ボート……うん」
少し怖いけれど、気分を変えるには朝の湖上も良いかもだ。
「さ」
「ん」

先にボートに乗って手を差し出してくれる彼。私はその手に自分の手を乗せて、ボートに乗りこみ腰を降ろす。
彼も座ってオールを手に取り、漕ぎだした。
ちょっとだけ霧の出ている湖はどこか幻想的ですらあって、私の心は不安から解き放たれて行く。
なのに。
「……」
言葉を失った。だって湖に映りこんだ私の顔が――赤ちゃんのそれになっていたから。
「……そうだ」
「うん?」
「私……私ここで――」
赤ちゃんのころにここで!
「――え」
体が傾いだ。傾いで、湖に落ちようとしている。
どうして……?
背中に僅かな衝撃があった。
彼が、愛する彼が背中を押したのだ。

ハッと開けられた私の目が見たのはあの人の笑顔。
誰よりも美しいその笑顔に向けて手を伸ばす。
夢から醒めた私の手を彼は優しく包んでくれて。
「ホッとしたかい?」
感じる温もりは確かにあって、確かに受け取って。
なのに、すぐにその手は離されて。
彼は笑っている。
こうして彼の笑顔に逢うのは何度目か。
体が落ちる。初夏とは言えまだまだ冷たい湖の中に。堕ちる。
そうだ……私は死んだのだ。
殺されたのだ。
「やっぱりキミは、あの子だったんだな」
 沈んで逝く私の耳に届くのは、彼の安心しきった声。

ねえ?
どうして私を沈めたの?
呪い出た私に二度目の殺人を。

ねえ?
そんなに私は貴方に似ていなかった?

貴方はママも殺したのね。
ママは愛していたのに。愛されていたのに。
私にだって。
ママを疑う必要なんてなかったんだよ。
ね、愛するパパ。

誰か、この男を殺して――

ペンネーム:星降る夜
怖い話公募コンペ参加作品です。もしよければ、評価や感想をお願いします。

※画像はイメージです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想をお気軽にどうぞ

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる