新條まゆ的射撃姿勢について真剣に考察してみた!

『そのきれいな顔を吹っ飛ばしてやる!!』
この言葉を聞いて、ミリタリー好きの人ならばあのシーンを思い出すのではないでしょうか?
そう『新條まゆ先生』のとある漫画で、笑劇的な描画で世間の話題になったシーンです。
この『新條まゆ的射撃姿勢』について、真剣に考察してみました!

『そのきれいな顔を吹っ飛ばしてやる!!』

このセリフと、銃を肩に担いだ姿勢で一時期話題となったのが、漫画家の『新條まゆ』先生です。
あまりに有名なシーンになりすぎて、元ネタ漫画が忘れられていますが、『覇王・愛人』(はおう・あいれん)の第3巻に収録されています。

その後、あまりの反響に実際に先生が実際に、モデルガンを購入して実際の構え方を専門家に伝授してもらう事態になりました。

(C) 覇王・愛人 新條まゆ 少女コミック/小学館

『新條まゆ的射撃姿勢』は、不合理な姿勢だろうか?

ここで考えたのですが、『新條まゆ的射撃姿勢』は本当に不合理な射撃姿勢でしょうか?
射撃前の目標を捜索するときに、スコープを使うときに簡単な方法として、銃床を肩に担いで捜索する方法があります。

その点でいえば、それほど不合理な姿勢ではありません。
むろん、発砲には不向きな姿勢です。

(C) 覇王・愛人 新條まゆ 少女コミック/小学館

肩に担いで撃つ銃もあるじゃないか!?

実際には、肩に担いで撃つ銃というのも存在します。

『バレットM82A2』『RT-20(クロアチア製)』という2つの銃では、肩に担いで射撃する方法になっています。
いずれも、『アンチマテリアルライフル』となっています。
『バレットM82A2』はその後、商業的に芳しくなくすぐに引退となってしまいましたが・・・

『RT-20』についても、20ミリ弾を使うライフルであまり売れていないようです。
それでも、反動などが軽減され撃ちやすいのが映像から見て取れます。

『新條まゆ的射撃姿勢』は、小口径スナイパーライフルには向かないのかもしれませんが、大口径『アンチマテリアルライフル』として使う分には理にかなった撃ち方ではないでしょうか?

image source:TopGuns.ru – PEMOHT AirForce Condor ctp.264

『クリス・コスタ』射撃の変形版と考えればよい?

『クリス・コスタ』が考案した射撃姿勢も、ある意味従来の撃ち方か乖離した方法です。
しかし、銃の反動を抑える理にかなった射撃姿勢です。

image source:Black Wire Studio.

実際の軍隊でも使っている?

似たような射撃姿勢という事であれば、海兵隊で使用されている「ショートストッキング」ではないでしょうか?
米海兵隊はモットーとして「全員が優秀なライフルマン」、それ故にカービンタイプの重心が短いアサルトライフルが好まれず、M16系ベースにした「長いアサルトライフル」を主に使用していました。

しかし建物の中への潜入等、長い銃身が邪魔にならないよう射撃方法として「ショートストッキング」が編み出されました。
本来は銃の反動を制御する為にストックを肩にあてて安定させるのですが、それをあえてせずに、ストックを肩に乗せて短く構えます。
もちろん射撃の精度は極端に落ちてしまいますので、一時しのぎの苦肉の策ではあります。

image source: Lance Cpl. Dwight A. Henderson [PUBLIC DOMAIN]
ですが・・・もしかしたら『新條まゆ的射撃姿勢』は、将来的な射撃姿勢の発展を予言させる姿勢なのかもしれません。
今後の発展を見守るべきかも?

(C) 覇王・愛人 新條まゆ 少女コミック/小学館

「軍曹」さん、コメントありがとうございます。
予告通り説明追加させて頂きました。
最新情報をチェックしよう!