宮城県仙台市 シューティング&ダーツバーZEROに行ってきた

■ スポンサードリンク


先日、仙台に用事があって行ったとき、元地元のサバゲ仲間のY君と久しぶりに会うことにしました。
彼が初めてサバイバルゲームを始めたときに色々とレクチャーし、その後に仙台に転勤となり、いつか仙台に来たら飲みましょうと言っていたのでその約束が実現することになったのです。

この日は仙台市のホテルに宿泊し、待ち合わせの駅前まで行くとY君が居ました。まずは軽く食事をしながら近況報告など色々な話し、細々とサバゲーは続けていたと聞いてなんだか安心しました。

一次会を終わり、「よければ良いところ案内します。きっと楽しめるバーです。僕も月一で必ずストレス発散に行く場所です。」と彼に連れていかれ向かった先は、シューティングとダーツができるお店「シューティング&ダーツバー ZERO」さん。

駅から歩いて確か10分か15分くらいにお店があり、入店すると私は驚きました。
何と鎖に囚われたエイリアンのオブジェがあり、リアルすぎて動き出しそうで「うおっ!」と思わず叫んでしまい、後から聞いた話だとバイクのパーツを使って作り上げた物で職人技だなと思いました。

店内は雰囲気も良くて、他のお客も沢山いて盛り上がっていました。Y君と席に着きお酒と食べ物を注文し、なかなか美味しく頂きました。「ここに来たらこれは必ず食べるべきです。」とY君におススメされたのがワニの料理で、空揚げやチップスがあり食べてみましたが、肉は意外に柔らかく美味しくサクサク行け、ポップコーンもお替り可能でありがたかったです。

お腹が膨れたあとはお待ちかね、シューティングゾーンへ。
銃も多く色々チョイスしターゲット目掛けて撃ちました。タイムアタックもできY君と速さをとにかく競い、年甲斐もなく非常に楽しんでしまったのです。

シューティングゾーンもグッドでしたが、ダーツバーも盛り上がっていて、ダーツでも得点を競い合っていい汗かけてストレス発散できて、「いいでしょう?ここ。」とY君は満面の笑みを浮かべていました。

女性のお客さんも多く活気があっていい雰囲気で、お酒を飲んでは銃を撃ち、休憩にダーツしたり食事したり自由度も高くて楽しめたので、また仙台に来ることがあったら真っ先にZEROさんに寄ってみたいと思います。

エイリアンのオブジェは必ず見た方がいいですよ!

シューティング&ダーツバーZEROのお問い合わせはこちら


Writing by 悠生

40代のサバイバルゲーマー

記事内の画像はライター様の都合により、公式HPより引用したイメージ写真となります。
画像の使用に関して問題がある場合は「問い合わせ」より連絡お願いします。

■ スポンサードリンク