スノーボードを通じた子育て

我が家は5人家族で、夫婦、小学生の3人の家族構成です。
もともと結婚前から一緒にスノーボードをはじめ、結婚してからも月に1~2回は行っていました。
私はスノーボードが趣味で、妻はどちらかというと温泉を目的にしていました。

子供が生まれてから

子供が生まれると、普通はスキー場に行く回数が減る人が多いと思いますが、うちの場合は逆に増えました。

しかも子供が生まれるごとに増えて、気がつけば年間60日を超える滑走日数になっていき、妻も子供と一緒に滑るようになります。
もちろん子供たちも遠出をしたり、宿に泊まったり、温泉入るのが楽しいようで、スノーボードもメキメキ上達しました。

まだまだ、小さい子はスキーが多く、スノーボードのスクールもあまり無かったので、迷いながらも未就学の子供たちが飽きないよう工夫して教えてました。

夏までスノーボードで生活一変

今では冬は毎週、新潟や長野、福島、群馬の関東近郊のスキー場に出かけてスノーボードを楽しんでいます。
シーズンインは11月、シーズンアウトは5月末の長いシーズンを雪山で週末ボーダーとして過ごします。

さすがに子供も毎週行ってると成長して、今では全く子供にかないません。
この生活が最近はシーズンオフまで浸透して、芝のゲレンデや室内ゲレンデに通う今日この頃です。

また、我が家の場合はスノーボードをがつがつやることにはこだわらず、スノーボードを通じたいろいろな経験や出会いを大事にしています。
例えば、秋口や春先はスノーボードを目的としてだけ遠出をするのではなく、キャンプや渓流釣りなどいろいろな体験をセットにする旅行になるように心がけています。

一つの物事を継続する力、そしてそれが楽しみながらできるというのは本当に魅力的なことだと思います。
また、節約するために車中泊ができるようにしたり、なるべく自炊して様々な料理にもチャレンジして、工夫するスタイルが趣味を家族で長く続かせるコツです。

最新情報をチェックしよう!