MENU

爽快感が堪らない!「スターソルジャー」

さて今回は、筆者の子ども時代を彩ってくれたファミコンソフトの中で、特に名作として紹介したいスターソルジャーです!

このソフトは前作スターフォースをさらに進化させたソフトとして、1986年発売。後のeスポーツの原型ともなったハドソン主催のイベント、ファミコンキャラバンのスコアアタックコンテストのソフトとして紹介されます。
やがて夏の風物詩ともなるファミコンキャラバンの基礎となり、全国で高スコアをたたき出す事を目的としたゲーマーが続出した印象深いソフトであります。

スターソルジャーを語るうえで忘れてならないのが、毛利名人と高橋名人存在。
二人が高得点をたたき出す「GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦」は、夢中になって見たものです。

さてそんな筆者の思い出深いスターソルジャーは、いったいどんなソフトなのか?と、気になる方もいると思いますので簡単な説明をします。

ストーリーは、時空新世紀・・・宇宙航行により人類の足跡が他星へと残していく事が当たり前になった時代、人類の繁栄は絶頂期を迎えていました。そんな中、星間船舶が正体不明の敵から、何の警告来なく無差別攻撃されるという事件が続発し。

惑星連合政府軍は、原因究明を行う為に宇宙艦隊を出撃されるも、無事に帰ってきたのは調査報告を搭載した通信カプセルだけでした。惑星連合艦隊の消滅と、人工頭脳に制御された巨大な宇宙の浮遊大陸の存在を知った政府は、未知数の攻撃力と機動力を持つ最新小型戦闘機シーザーを出撃させます。

数多くの候補者の中から選ばれた宇宙戦士の一人となったプレイヤーは、戦闘機シーザーへと乗り込み、単身で人工頭脳が支配する浮遊大陸へと挑む事となります・・・物語はそんなシリアスムード。

ゲームは全16ステージ構成。各ステージには、宇宙空間と浮遊大陸と要塞などの地形によって構成され、飛び交う敵を撃ちながら進んでいきます。
このゲームの特徴は浮遊大陸の裏側へと潜り込む事の出来るトラップゾーンの存在。潜っている間は敵からの攻撃を受けなくなると嬉しいゾーンでもあるのですが、自分からも攻撃を行えない。無敵ゾーンであるのですが、下手をすれば出た瞬間に撃破されてしまうと、油断のならないゾーンでもありました。

筆者が本作で気に入っているのは、この戦闘機シーザーのバリア付き5方向ビーム。
このパワーアップしたシーザーの爽快感は、バックミュージックと共に夢中になって敵を無双していくと、あの無敵な進撃は、中毒性のあるモノでした。

しかし筆者は、あのラザロを合体前に壊す事が出来ませんでした・・・が。
16発を叩き込まないと撃破できない。合体する顔面と少しトラウマのある敵キャラでもあり、合体前の中心で撃破すると、そんなアクションをしたかったのですが、出来ずにいたのは、ある意味思い出深いモノとなっています。

イバ・ヨシアキと申します。
ファミコン大会に出場しては、いつも残念賞か参加賞なライターですが、宜しくお願い致します。

STAR SOLDIER (C) 1986 HUDSON SOFT

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる