老舗の苦悩「トイガンショップ つげ」

サバゲ・トイガン・装備の話

神奈川県鎌倉市の老舗ショップ「トイガンショップ つげ」。
常連の友人の話では、店の営業が不定期となって心配していると。

いったいどうなってしまったのか?
なにが起きたのかを取材してきました。

店の紹介

「トイガンショップ つげ」は、JR鎌倉駅から徒歩約15分の閑静な住宅街の中にある、創業50年の老舗トイガンショップです。

最初からトイガンを扱っていたのではなく、最初は文房具屋でしたが、時代とともに、駄菓子、プラモデルを扱うようになり、店主が昔は猟をやっていて本物の銃を取り扱っていた事や、80年代のエアガンブームを境にエアガン(トイガン)を主力商品として扱うようになりました。

なにが起きたのか?

名物店主の「柘植和美さん」が一人で店を切り盛りし、「もやもやさまーず」や「アドマチック天国」のテレビ番組で紹介され、地元のトイガンショップとして順風満帆に思えたある時、80歳を超える店主は脳梗塞で倒れてしまいます。

その後、入退院を繰り返すものの順調に快方に向うのですが、後遺症が残り半身が不自由になってしまい、店の継続が難しくなってしまうのでした。

一時は閉店も考えていたのですが、地元の常連客の強い要望と応援もあり、見るも見かねて息子さんが引き継ぐ事になったのです。

引き継いでみたものの

そもそも息子さんは、子供の頃からトイガンショップという環境で育ったにも関わらす、ミリタリーに関して全く興味がもてなく、店にやってくる客や常連にも、銃が好き=怖いという先入観があったそうです。

最初は手伝いぐらいのつもりで、初めて店頭の立ったみたものの、銃の種類や名前もさる事ながら、メーカーすら解らず、投げ出したくなりながらも・・・手探り状態の彼を支えたのは、まぎれもなく常連の方々なのです。

常連客やマニアに優しさと仲間意識に触れたのと、店内の在庫のあまりの多さに、いままで勤めていた仕事を辞めて、ショップ一本でやっていく事を決意するでした。

様々な問題が

店の資金繰りは絶望的で、運営資金として用意されていたのは、レジに入っていた2万円のみ、しかし唯一の救いは、全ての商品が既に支払い済みで借金がなく、売れば売るほど利益になるのですが、古い品物が多いなどの理由から抜本的な解決にはならずに、仕入れすらままならない、ジリ貧の状態が続きます。

そんな状況のなか、ようやく体調が戻って自宅に戻った、元店主「拓殖和美さん」が転んでしまい再入院してしまうのでした。

そしてさらに悪い事は続き、2016年12月、店に空き巣が侵入、ショーケースのガラスを割られ、100万円相当の商品が盗まれてしまいます。

しばらくして空き巣の犯人が捕まり、残っていた物の一部は返却、示談金を受け取る事ができたのは不幸中の幸いですが、100%補填された訳ではありません。

ちなみに犯行理由は「遊ぶカネ欲しさ」の犯行で、犯人は何度か店で買い物をして下見をしていたようです。
盗まれるという事に関しては、「拓殖和美さん」の時代から万引きに悩まされていたとの事です。

今の店の状況

ギリギリですが、まあなんとかやっていけている状態です。

他店に無い店の強みは、老舗ショップならでは独自のルートと情報網で時間はかかる事もありますが、銃やパーツ、なんでも探します!
探し物お任せください!
中古品やレア物の買い取ります!

ヤフオクでの販売もしているので、だいぶ珍しい物は少なくなってきていますが、「え?」と思うエアガン、特にパーツがまだまだあります。

取材の際にバックルームも拝見させて頂いたのですが、「コレは!」という物がふんだんで大興奮でした!

近くの方や古い物が探している方、近隣のサバゲーマーは協力する意味も含め、是非一度遊びに行くのをお勧めします。鎌倉見物の帰りに寄るもの良いかと。

ショップインフォ

営業時間: 12:00~19:00
定休日:木曜日
電話番号: 0467-23-3481
FAX: 0467-67-1485
mail :gunshoptuge@gmail.com

駐車場はありませんので近所のコインパーキングを利用してください。

公式HPはこちら
ヤフオクはこちら
Twitterはこちら

〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-6-8


Writing by サバミリ管理人
おばさんはまあまあ元気で、体調によっては声をかければ出てきてくれるそうです。

来店時「サバミリ見ました」でなにか良い事あるかもしれませんw