テントと寝袋があればキャンプはできる

テントと寝袋と銀マットがあれば、キャンプはできる?!

初めてのキャンプ

キャンプをしようと思ったのは、群馬県の上野村でコテージに泊まった時に、同じ敷地でキャンプをしている人たちがいるのを子供が見て、楽しそうなのでやってみたいと言ったからです。

恐らく1回きりで飽きてしまうと思ったので、テントは借りようと思いました。でもネットでよく調べると、4人用のテントで1万5千円くらいだったので、2、3回使えば元が取れると思って、買ってみることにしました。

初めてのキャンプは、そのテントを使って子供2人とともに上野村でチャレンジしました。夕飯は食材も付いたバーベキューセットを頼んで、朝食は管理棟で食べるセットにしたので、買ったテントと寝袋・銀マットだけを持ってキャンプを強行しました。

テントも特に問題なく、寒くもなかったので楽しく過ごすことができました。ただ、周りはでかいテントを張っている中で、ウチだけ小さなテントだったので少し引け目は感じました。

2回目以降のキャンプ

2回目以降は、埼玉県内のキャンプ場でキャンプをしました。場所は秩父や長瀞です。

秩父では釣り道具を借りて釣りを楽しんだり、長瀞ではクルミがいっぱい落ちているので、それを拾って食べたりしました(開けるのは大変ですが)。

テントは、1回目に使ったテントを何回も使っていますが、今でも健在です。

2回目以降のキャンプ場は、食事は自分で調達する必要があったので、家で使っているカセットコンロとフライパン、お鍋を追加して持っていきました。食器は紙皿・紙コップです。

夕飯はバーベキューに近い形にしたいので、コンロでステーキを焼いて、朝食はカップラーメンで済ませています。これでも十分楽しく過ごせています。相変わらず、周りの大きなテントに挟まれて肩身が狭いですが。

最近の状況

最近は子供が大きくなってしまい、キャンプをすることはなくなりました。一番最後にキャンプした時に使ったアイテムは、ランタンだけは増えましたが、ほとんどはじめの時と変わっていません。

いつかまた行ける日の為に、道具はそのままとっておいてあります。


Writing by とまちゃん

簡単な装備で子供とキャンプをしています。

※画像はイメージです。

最新情報をチェックしよう!