「史上最大の作戦」から74年

歴史にまつわる話

今年2018年の6月6日で、「史上最大の作戦」ノルマンディー上陸作戦から丸74年が経過しました。

ノルマンディー上陸作戦は、第二次世界大戦において1944年6月6日に連合軍によって行われた、ドイツ占領下であった北西ヨーロッパへの侵攻上陸作戦です。
正式な作戦名は「ネプチューン作戦」ですが、ノルマンディへの上陸からパリ解放までの作戦全体の正式名称は「オーバーロード作戦」となっています。

最終的には200万人近い部隊がドーバー海峡を渡って、フランスのコタンタン半島ノルマンディー海岸に上陸をしました。
この上陸作戦は、2018年現在に至るまで人類の歴史上で最大規模の作戦です。

この作戦は夜間の落下傘部隊の降下から始まり、続いて上陸予定地への空襲と艦砲射撃、続く上陸用舟艇による敵前上陸が行われ、上陸作戦に続いてのノルマンディー地方の制圧には、2ヶ月以上の期間を要しました。

By US Coast Guard, photo 26-G-2517 [Public domain or Public domain], via Wikimedia Commons

ノルマンディー上陸作戦は、ヨーロッパ戦線の転換点となった作戦であり、第二次世界大戦の中でもよく知られた戦いの一つでもあります。本作戦で用いられた用語「D-デイ」は作戦決行当日を指し、1944年6月6日について用いられています。

この作戦の計画立案は、連合軍総司令部のによって1943年1月に開始され、1944年4月28日には南デヴォンで上陸の演習である「タイガー演習」が行われましたが、失敗して749人の死者を出していました。
連合軍上層部はこの結果がドイツ上層部に伝わって、大規模な上陸作戦の準備をしていることが露見することを恐れましが、しかしドイツ軍の情報部はそこまでの詳しい情報は掴んでいませんでした。

イギリス本土基地からの連合軍戦闘機の航続距離は、上陸地点の選択を制限させ、地理的には上陸地点はパ・ド・カレーとノルマンディーの2地点に絞られました。このうちパ・ド・カレーがイギリス本土からは最短距離であり上陸地点として最適でしたが、当然ドイツ側もパ・ド・カレーへの上陸を警戒していたため、防御を厚くしており結果、連合軍はノルマンディーへの上陸を決定する事になります。


Writing by sw459