MENU

日本最大の金融詐欺事件「豊田商事事件」を解説

  • URLをコピーしました!

豊田商事事件とは、1980年代に起きた「戦後最大の詐欺事件」ともいわれた詐欺事件です。
被害者数は3万人~4万人程度といわれており、被害総額はおよそ2000億円を超えているといわれています。
豊田商事という会社が、金を用いた「現物まがい詐欺」を行い、高齢者などの社会的立場が弱い人をターゲットに日本全国に被害を及ぼしました。

手口の悪質さからも、日本で1,2を争う悪質な詐欺といわれています。
しかし詐欺が明らかとなり、いよいよ豊田商事の会長・永野一男が逮捕される日に刺殺。
殺人は報道陣が集まっていた中で起こったために、生放送で様子が流れさながら「公開処刑」のようでした。

目次

豊田事件とはどんな事件?

豊田商事は客に地金を購入すると現品を客に引き渡さずに会社が預かる「純金ファミリー契約証券」という証券を引き換える取引を開始。
将来的に金の価値が上がるという先物取引で、騙された人が次々と金を購入していきました。
高齢者の自宅では販売員が、偽物の金の延べ棒を机に並べて金の購入を勧誘。

当時知名度が高かったっ企業やブランド名を勝手に使用し、「TOYOTA」を意識した社名「豊田商事」と名付けたといいます。そしてCMもフルに活用し、高齢者を中心に多くの人をだましていきました。
会長の永野一男は「葬式代まで踏んだくれ」をモットーに、老後の資金をかすめ取っていったのです。

巧妙な手口を駆使

手口はまず女性社員を使用した無差別な電話勧誘から始まります。
そこで見込みがありそうな老人をピックアップ。
押したら折れそうな老人を見つければ、実際に営業担当が自宅に押し掛け強引に契約をとっていました。
契約は長時間粘って契約するまで帰らないという方法はもちろんのこと、一人暮らしの老人に情に訴える戦法もとっていました。
「自分を息子のように思ってほしい」などといい、親近感を覚えさせた後に契約していく手口です。

豊田商事が金の購入で代わりに証券を渡したことから、「ペーパー商法」と呼ばれる詐欺を駆使していました。
もちろん最初の方から被害者遺族が不審に思い弁護士に相談するケースもあったようですが、「ペーパー商法」自体は金を購入しているので詐欺には当たりません。そのためにすぐに事件化は出来ない状況でした。

そして豊田商事側もすぐに疑われないように、「金」の運用益と称する金額を被害者に払っています。
そのために気づくのが遅くなり、被害額は膨大になっていったのです。

あっけなく結末を迎えた

ですが次第に詐欺事件のぼろが出始めて社会問題化していきました。
司法もようやく捜査に乗り出し、会長・永野一男を逮捕する段階まで行っています。
しかし1985年の逮捕される前に、当時の豊田商事の会長が、逮捕予定日当日にテレビ中継するマスコミの前で殺害されてしまったのです。
犯人は自称右翼を名乗る男性2人で、乱入後永野一男を旧軍の銃剣で刺殺。

犯行は90秒ほどだったといい、5分程度でマスコミの前に現れ、血まみれになった会長を報道陣に見えるように見せるようなパフォーマンスも行っています。
犯人は「飯田篤郎」という鉄工所経営者だった56歳の男と、飯田に恩があるという「矢野正計」という30歳の男でした。
主犯の矢野は町工場を経営している男で、積極的に高齢者や身障者を雇用している人物だったといいます。

2人は報道陣が待機している永野のマンションに現れ、「もう金はいいから長野をぶっ殺してくれと頼まれた」と答えています。
そして矢野が窓の防犯サッシを破り、部屋に侵入。
当時の音声は残っており内容を見てみると、「話聞いたろ思ってきたんや」「俺はブスっとやらへん」など報道陣とやり取りをしています。

その後蹴破って侵入すると「とってまえ!」という怒号や物音、断末魔の悲鳴が聞こえてきています。
そして銃剣を持った矢野と飯田が出てきて「おい!警察呼べ、はよお。俺が犯人や!お!はよう呼べ!」といったのだそう。
二人は永野会長の返り血で血まみれになっていたといいます。
流石に会長の血濡れの場面はカットされたものの、リアルタイムで音声や犯人の様子がリアルタイムに配信され、世間に多大なインパクトを与えました。

事件後の様子は?

犯人たちは駆けつけた警察官により現行犯逮捕され、飯田は懲役10年、矢野は懲役8年の実刑判決を受けています。
しかしこの事件は謎も多く、その1つが永野会長の手元の資金はたったの711円しかなかったのだそうです。
専用ジェットも購入し、高級車も乗り回していたといいますが、実際はオートロックもないいたって平凡なマンションに住んでいました。

噂によると当初は派手な生活を送っていたものの、いつしか私服を肥やすような余裕がなくなってしまったのだとか。
詐欺は思ったほど楽ではなく、豊田商事も「より多くの金額をだますために事業を拡大→運営費がかさむ」という悪循環に陥っていたようです。

結局被害総額2000億円は、流用されたために残っていないことが捜査で判明しています。
事件後は中坊弁護士が破産する豊田商事の借金を整理する役目を負いました。
そして金銭の流れを洗い出して、被害者に被害総額の10パーセントほどを返すことに成功しているのです。

全く返ってこない可能性もあった当時件で、10パーセントも返金されたことは非常に驚くべき功績です。
ただし中坊弁護士の借金回収方法は強引すぎる面もあったらしく、別の事件で回収方法が個人の生存権まで及ぼしかねないことが問題となり、最終的に弁護士を廃業したそうです。

※画像はイメージです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次