福島県福島市飯野町は「UFOの里」

福島県福島市飯野町には、「千貫森」という山があります。
綺麗な三角形の形は日本のピラミッドではないか・・・といううわさもあるんです。
古来から多くの発行物体が目撃され、まるでスフィンクスかのような、大きな岩がたくさんあるんです。

目次

UFOふれあい館

UFOの里で注目したい施設が、ここ「UFOふれあい館」です。
大人一人400円で展示を見学できるほか、温泉まで入れちゃいます。

お風呂は大きな窓がついた解放感溢れます。
休憩所もあって、畳の縁にUFOが書かれていかわいい!
細かいところまで凝っていますね。

宇宙ゾーンと宇宙人ゾーンに分かれており、宇宙に関する資料や、宇宙人やUFOの模型が展示されています。
宇宙人と一緒に写真を撮ることもできますよ!
あの有名雑誌「ムー」の創刊号からすべてがそろっていたり、宇宙に関する資料がたくさんあったり、ためになるものもたくさんありますよ!

これは展示していいのだろうか・・・

CIA秘密文書がおおっぴらに広げられている中、もっとすごいものがあります。
目撃されたUFOの写真が拡大されて貼ってあるのですが、これが明らかに上から紙が貼られているんですね。
お客さんがはがそうとしたであろう痕跡も。

そもそもこの地区は…

千貫森という山があることをご紹介しましたが、この山には強い磁場があるようで、ところどころ、方位磁石がくるってしまう場所があるんです。
その強い磁場がUFOを引き付けているのではないか、と言われているんですね。

また、この森の地質が周辺とは違っており、頂上付近を強くけると、「ぽんぽん」という音が鳴るそうです。
この山は崇峻天皇の后がわが子を探すためにこの地へ来て、人々に慕われ、天皇の形見を埋めた陵だとか、大昔に巨人が土をいれた「だんがら」を空けたから別名「だんがら山」とよばれているとか、様々な伝説があります。
そういった地域が、ここ飯野町です。

ラーメンがおいしい

ダブル地鶏ラーメンは、福島の地鶏、川俣軍鶏と会津地鶏を使ったラーメンです。
多加水の中細ストレート麺が、地鶏のだしと相性ピッタリ。

施設で提供されるラーメンか?と驚くほど。トビウオを使った「飛魚ラーメン」もおすすめです。
最近は「ほだほだボール」や「んだんだボール」といったものが販売されています。

ほだ、んだ、は方言で、「そうだそうだ」という意味。
「おめさん、UFOの里さ行っでUFOみたっちゃ、ほんとがい?」
「ほだ~(んだ~)」
って感じに使います。
ほだほだボールはカレー味の揚げおにぎり、んだんだボールはほだほだボールの和風版、という感じです。
お酒のおつまみにぴったり!

UFOの里に来てくだっしょ

飯野町自体は小さな町ですが、ところどころで宇宙人がお出迎えしてくれます。
飯野町では、2月中旬から3月3日まで、毎年「飯野つるし雛まつり」が行われています。

UFO好きな方も、そうでない方も、一度訪れてみてはいかがでしょうか。
「NO UFO,NO LIFE」と書かれたTシャツも販売しています。
UFO好きなら絶対に持っておきたいですね!

ふぐすまさ来てくだっしょ!(福島県に来てくださいね!)

UFOふれあい館のアクセス

UFOふれあい館
住所 福島県福島市飯野町青木小手神森1?299
営業時間 9:00~17:00(月曜日定休)
入館料 大人400円、小中学生200円(お風呂、和室利用料込み)
鉄道・バスを利用する方は、JR福島駅東口からJRバス「川俣高校前」行きに乗車、「UFOの里」バス停を降りて、徒歩約5分です。

※画像はイメージです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる