MENU

コナミヒーロー総出演!ファミコンアベンジャーズ?「コナミワイワイワールド」

  • URLをコピーしました!

今回の想い出のファミコン作品は「コナミワイワイワールド」です。
1988年にコナミから発売されたアクションアドベンチャーゲームで、過去のコナミのゲームに登場したヒーロー達が、悪の帝王ワルダーを倒すべくに集結。

目次

ゲームの構成

基本となるのが横スクロールのアクションでステージは構成されています。
江戸ステージ、キャッスルステージ、港町ステージ、都会ステージ、地獄ステージ、怪獣ステージの6ステージを巡りながら、コナミヒーローを救出していく事が前半の目的。

各ステージは、囚われているコナミヒーローを救出する為に、ステージのボスを倒したり、隠された鍵を入手しなければならない。マップを調べつくし、非常にやり込み要素のあるゲームでもありました。

主人公は、コナミの顔でもあるコナミマンと相棒のコナミレディ。登場するヒーローは「頑張れゴエモン」のゴエモン、「悪魔城」のシモン、「月風魔伝」のフウマ、「グーニーズ」のマイキー、「キングコング」のコング、「グラディウス」のモアイと豪華メンバー。各ステージを攻略していくと、ゲームが一つになったような気分になり、筆者を楽しませてくれました。

ゲームの魅力

クリアするには救出の順番があり間違うと積んでしまう、難ゲーとして扱われておりました。筆者はクリアすべく、必死に救出順を選出しながら、ゲームの要となるコングの救出に専念したものです。

ついに全員を助けられたのですが、次はワルダーに挑むため、ツインビーやビックバイパーに乗り込んでシューティング。休ませてくれる間もなく並みいる敵を打倒し、ようやくにワルダーを倒すのですが、次はワルダーの内臓に入り込んで、心臓を破壊しなければいけない。

ラストステージも激ムズで、苦戦の末に倒したワルダーが自爆。お約束の展開で2分間で逃げなくてはならない、実に最後まで息もつかせぬ展開で、筆者を虜にさせてくれました。
すべてが終わりエンディングで記念撮影の画面をみたときは、やっと終わったのだと感じた、今も忘れられないシーンでもあります。

その後

その後に携帯ゲームとしてリメイクされたみたいですが、当時の版権の問題でマイキーとコングが出演できなくなってしまい、差し替えの「バイオミラクル ぼくってウパ」のウパに、「夢大陸アドベンチャー」のペンタに代わってしまったのは、どこか寂しい思いをしました。

出来ればスネークなどが出演したワイワイワールドが見たかったのですが、今では無理でしょうね。

いば・よしあきと申します。
作品の枠組みを超えて総出演する展開に熱いモノを感じるライターですが、宜しくお願い致します。

コナミワイワイワールド (C) KONAMI 1988 TM

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる