富士山御来光へのみち

富士山の御来光を登頂と同時に見るためには!?

富士山は標高3,000m以上もあり、頂上まで到達するまでに約8~10時間かかります。
頂上登頂と同時に見るために、どのように登山したら良いかをお伝え出来ればと思います。

私は3回ほど富士山の頂上到達登山経験がありますが、3回のうちしっかり御来光が見れたのは1回だけでした。
登山経験者の方はご存知のかと思いますが、山の頂上は天気が変わりやすく、晴れていてもすぐに曇ったりします。

もちろん天気予報は大事ですが、晴れた状態で御来光を見るには運が必要はだと思います。登頂と同時に御来光を見るためには、夜から徹夜で登山します。

登山口は一般的に須走と富士吉田があり、須走は富士山吉田に比べ頂上まで距離が短いですが、急勾配が激しく初心者の方には登山がキツいと思います。それに比べ富士山吉田は、緩かな登山道で時間はかかりますが、初心者の方でも登頂出来ると思います。

初心者の方でも富士山吉田の登山口5合目からスタートして、休憩を適度に入れながら登って約8~10時間で頂上に到達出来ると思います。5合目までは車で行けます。登山口付近にトイレ等の施設も揃っているので、登山を開始する前に山の酸素に身体を慣らすために軽い準備運動と、荷物確認を含め約20~30分時間を置くといいです。

準備品は防寒具、携帯酸素、飲み物、チョコレート、カロリーメイトなどの携帯栄養食を多めに持っていった方が良いです。特に水分は多めにあった方がいいです。

また富士山は夏季に登山してと、頂上付近は雪が降ったりと非常に寒いので、防寒具はカッパやトレーナーなどしっかりしたものを準備した方がいいです。寒さで体力奪われてしまいます。

頂上まで先程お伝えした時間を目安に、登山開始時間を考えると夜の10時くらいにスタートすると良いです。
しっかり休憩を入れ、携帯酸素で酸素補給も行いながら登山すれば、朝の5時くらいに頂上に到達できますので、丁度、太陽が昇る頃に到達し御来光を見ることが出来ると思います。

運良く天気も良く御来光を見れたときは、本当に疲れが吹き飛ぶほど綺麗な御来光を見ることが出来ると思います。
一生の思い出にもなりますので、皆さんも是非ともチャレンジしてください。


Writing by YY

富士山登山にハマってました。

※写真はイメージです。

最新情報をチェックしよう!